FC2ブログ

「にらみんで秋祭り2017」 たのしく開催しました②

イベントの様子
11 /01 2017
10月14日(土)の「にらみんで秋祭り2017」、時折雨がパラパラ降ってくるお天気でしたが、何とか無事に開催することができました。
前回につづいてレポートします。

今年は新企画として「土の中から宝をさがせ!」を行いました。
文化財担当が日々行っている発掘作業を疑似体験してもらうコーナーです。

午前11時30分、蔵座敷の前に続々人が集まりはじめました。
何がはじまるのでしょう?
蔵座敷の前で何かが始まる?

みなさん地面を掘りはじめました!
実は、蔵座敷の前の一角に10個ほどの「宝物」を埋めてあるのです。
参加者のみなさんには、手がんなやシャベルでその宝物を探してしてもらいます。
地面を掘りはじめました!

どこの埋まっているのかは、地表の見た目からは分かりません。
慎重に掘っていくと、どこかに「色の違う土」が現れます。それが目印となります。
実際の発掘作業でも、色の違う土を見つけて観察することが大事です。

お!明らかに周りと違う白い色の土が出ましたよ!
違う色の土が出た!

違う色の土の下からは、勾玉が出土しました!これは大当たりです。
(勾玉はにらみんスタッフが手作りしたもので、一つ一つ形や色が違います)
勾玉が出土!

勾玉以外には、にらみん特製土偶缶バッジも出土。みんな夢中になって地面を掘ってくれました。

開催数日前に10個ほど穴を掘り、色の違う数種類の土を入れ、その中にカプセルに入れた勾玉や缶バッジを埋めました。
さらに、上から地表と同じ色の土をかぶせて平らにならすと、もうどこに宝物が埋まっているのか?埋めたスタッフにも分からない状態になりました(笑)
前日に雨が降ったのでブルーシートで覆ったりして大変でしたが、楽しんでもらえて良かったです。

宝さがしは午前のスペシャルイベントでしたが、午後には別のスペシャルがありました。
ももたろう7(セブン)さんによる人形劇です!

明治時代の蔵座敷の中で、「ばけものつかい」という演目を上演していただきました。
古典落語を元にしたお話しで、蔵座敷の雰囲気にぴったり!
かわいい人形劇!

人づかいの荒いご隠居が化け物が出る家に引っ越したら…おばけがたくさん出て来てさぁどうなる?!という物語です。
ろくろ首や大入道といった有名なお化けが出てきますが、どれもとっても可愛らしいのです!!
大人も子供も目を輝かせて見入っていました。

上演後はお人形(ももたろう7さんの手作りです!)との撮影会もあって、大喜び。
人形との撮影会

見て下さい!このろくろ首さんの躍動感!
ろくろ首

人形劇を見て、みんなでやきいもを食べて、秋祭りはおひらきとなりました。
あいにくのお天気の中、市内外からおいでくださった皆様に心より御礼申し上げます。

コメント

非公開コメント