韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
今日から7月に突入です!7月の初日は、朝から梅雨らしい雨…。
でも、明後日からは山梨では猛暑日の予報も出ています。夏本番はもうそこまで来ていることでしょう。

7月と言えば夏休み、そして、海の日は毎年恒例「自由研究プロジェクト 合同プレゼンinアイメッセ山梨」です!
山梨県内のさまざまな博物館・美術館がアイメッセに大集合。
工作、クイズ、昔の衣装体験、砂金採り体験etc…。
夏休みの自由研究のヒントを、各館が工夫を凝らしてプレゼンテーションする恒例イベントです。

今年も、韮崎市民俗資料館&韮崎市ふるさと偉人資料館の共同ブースを出しますよー!

-----------------------------------------------

「夏休み自由研究プロジェクト 合同プレゼンinアイメッセ山梨」

日時:2017年7月17日(月・海の日) 午後1時30分〜4時30分

会場:アイメッセ山梨(甲府市大津町2192-8)

入場無料

詳しくは、下記リンク(山梨県立博物館ホームページ)をご覧ください
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_event_natsupro_2017.html

------------------------------------------------

今年のにらみんは、「カラフル土器拓本でポストカードを作ろう!」です。

まずは、本物の縄文土器のカケラを使って「拓本(たくほん)」をとります。
土器の模様がよく分かるように、和紙で土器を包み、専用の墨で軽く押さえて模様を写し取る作業のことです。
ふつうはこれでおしまい。白黒のままです。発掘報告書に載せるためなどに使います。

でも、白黒の拓本に裏から水彩絵の具で色を付けると、とってもきれいなんです!
色のにじみが涼しげで、あじさいのようではありませんか?
(暑中見舞いにも使える…!)

拓本ポストカード 試作品1













拓本に絵具で色をつけるという発想は、私には思いもつきませんでした。
長野県富士見町の井戸尻考古館の学芸員・小松隆史さんのアイデアで、フェイスブックで拝見したときに、あまりにきれいで感動しました。
ぜひにらみんでもさせてください!とお願いしたところ、快くお許しいただきました^^

井戸尻考古館さんは、全国の考古ファンに名を知られた素晴らしい資料館です。

「井戸尻考古館」
長野県諏訪郡富士見町境7053
TEL 0266-64-2044
http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html

アイメッセの合同プレゼンでは、この彩色した拓本を使ってポストカードを作ります。
(掲載した写真のお花のマークのところは、名前を書いてもらいます)
もちろん、拓本を取るところから実際に体験します。
本物の縄文土器の固さ、重さ、手ざわり、模様を実感してください。

拓本ポストカード 試作品3












拓本ポストカード 試作品2














参加費は無料です。
材料は50人分用意し、なくなり次第終了といたします。
整理券を配りますので、やってみたい方はお早目に韮崎のブースにおいでください。

海の日はアイメッセ山梨でお待ちしています!
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::