韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2017/04/19(水) 14:39:04

おひなさまから武者人形へ

昨日の未明は大荒れの天気でしたが、風雨が過ぎ去った後は夏のような天気になりました。
29度…桜を見ながら夏を感じるという不思議な気分でした。

ロケセット周辺の桜は「また来年会おうね!」になってしまいましたが、蔵座敷の庭の一本桜は今が満開です!

蔵座敷の桜 4月19日
















蔵座敷の桜 4月19日 2














そして、蔵座敷の中に飾っていたおひなさまたちは、五月人形へとバトンタッチいたしました。
毛氈の上に優雅なお公家の暮らしが花開いていた世界から、がらりと雰囲気が変わりました。
かがり火に照らされ、豪華な武具を携えた武者人形。
勇ましくも可愛らしい若武者ぶり。昭和53,4年頃のものです。
五月人形にバトンタッチ 1













武具や幟も立派ですが、供えられているミニミニ柏餅とちまきが可愛くて仕方ありません…。
五月人形にバトンタッチ 2













民俗資料館の二階では、こうした武者人形が流行する前の端午の節供飾り「おかぶと」をご覧になれます。
幕末から明治時代に流行し、その後姿を消した節供飾りです。
蔵座敷の五月人形との違いをごらんください。
当館蔵のおかぶと













穂坂小学校旧蔵おかぶと














「おかぶと」は張り子の面と、厚紙に鎧を模した絵を描いた「垂れ」というもの、そして兜を表した前立てがセットになったもので、縁側に立てたり、軒下に吊るしたりしていました。
当館のおかぶとは、垂れと前立てが失なわれて、張り子の面だけが残っている状態です。

おかぶとの立て方
図解・おかぶと















「おかぶと」については、下記リンクの過去の記事で紹介しています。
“「おかぶと」も登場”
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::