韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
11月21日(月)午後3時50分から、YBSテレビ「てててtv」にて新府城跡が紹介されます。

山梨放送 YBSテレビ
 
「てててtv」 “やまなし秋の歴史散歩”

11月21日(月) 午後3時50分〜4時53分


大坂冬の陣に際して真田幸村(信繁)が築いた出城=“真田丸”の原点とも言われる「丸馬出し」を探訪します。
「丸馬出し」とは、城の出入口の前に築かれた半円形の土塁のことで、その下には土塁に沿う形の空堀「三日月堀」を伴います。

ててて












丸馬出しと三日月堀は武田氏の城郭に見られる特徴的な築城法です。
兵や馬の出入りを外から見えにくくするとともに、三日月堀で正面からの敵の侵入を防ぎ、左右からやってくる敵に対して半円形の土塁から迎撃する仕組みです。

丸馬出しと三日月堀を知るうえで欠かせない場所として、「てててtv」では和泉アナウンサーが甲府市の武田神社と韮崎市の新府城跡を訪ねます。

意外と知られていないかもしれませんが、武田神社=武田信玄が住んでいたつつじが崎の館の正面入り口(大手口)は東側なのです。(今の武田神社の正面入り口は南側ですが)
そして、武田神社の東側からは三日月堀の遺構が発掘されています。館の正面入り口を守る防御施設です。
説明看板もしっかり整備されていますので、武田神社に行った際はぜひお見逃しなく(参道の途中を右に曲がると三日月堀の跡へ行けます)。

一方、新府城跡では、城の南側に位置した大手口の前に、現在でも丸馬出しと三日月堀が残っています。

藤武神社の急な石段よりも南側(石段に向かって左側の方)に、新府城の本丸跡へのぼる道があります。
入り口には車止めの鎖がしてあり、車は管理や工事用の許可車両しか通行できませんが、人が歩いて通ることは出来ます。
下のマップの赤い丸で囲ったところが車止めの位置です。
車止めの位置












車止めの脇から徒歩で入り、のぼってしばらくすると、左手に「南大手門」という看板がありますが、ここからは丸馬出しに行くことは出来ません。

「南大手門」の看板を通り過ぎ、さらにのぼっていくと、右手に「東三の丸」という看板があります。
「東三の丸」の看板を過ぎたすぐ左側のところが平らに開けており、左右に土塁があります。
この土塁が大手桝形(城の正面入り口)の土塁です。
大手桝形を通り抜けた先に丸馬出しがあるので、まずは大手桝形に向かいましょう。

東三の丸の看板を過ぎて左側











「東三の丸」の看板を過ぎたすぐ左手は、こんな風に平らに開けています。
左右に見える小高い部分が大手桝形の内側の土塁です。
土塁の切れ目から「桝形」という四角い空間に入り、そこを通り抜けると「丸馬出し」があります。
(城の中から外に出る道順をたどっていると思って下さい)
大手桝形から丸馬出しへ













大手桝形を抜けると視界が開け、足元を見ると、自分が半円形の土手の上に立っていることが分かるはずです。
これが「丸馬出し」です。
弧を描く丸馬出し












丸馬出しから下を見ると、弧を描く土塁に沿ってくぼみがあるのが分かります。
(下を見ようとして、斜面に落ちないようにくれぐれもお気を付けください!)
このくぼみが三日月堀です。
丸馬出しの下には三日月堀












丸馬出しの下には三日月堀2














丸馬出しと三日月堀の高低差は20m以上あります。
下の写真は、丸馬出しから下りて三日月堀と同じ高さに立って見たところです。
三日月堀 西側から












三日月堀 東側から
























新府城の解説パンフレット「親子で歩く新府城」は下記リンクからダウンロードできますのでご参照ください。
http://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2016021800022/
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::