韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2016/09/11(日) 10:04:31

巡回ゼミ大盛況でした!

昨日開催した「縄文王国山梨巡回ゼミ 武田の里で語る縄文世界~謎多き仮面土偶の魅力に迫る~」は、おかげさまで満員御礼、立ち見が出るほどたくさんの方においでいただきました。
遠路からおいで下さった方もいらっしゃり、本当にありがとうございました。

会場の蔵座敷












会場が蔵座敷ということでキャパシティに限りがあり、座布団が行きわたらなかったり、外から立って聴いて頂くことになる等、行き届かない点がございましたことを申し訳なく存じます。
(当館には教室や会議室がなく、十人を超える人数が入れる場所は蔵座敷しかありません…)

後田遺跡の発掘に携わった山下孝司氏をお招きし、文化財担当職員とのトークセッション形式で、発掘当時の状況を臨場感たっぷりにお話しいただきました。

講演会の様子












トークの途中では、後田遺跡の仮面土偶の姿かたちをより体感していただくため、全員にレプリカを触ってもらう時間も設けられました。
質疑応答も活発に行われ、我々の予想を超える皆様の土偶への高い関心を実感いたしました。

また、講演会終了後には仮面土偶のレプリカを持っての記念撮影や、床の間に飾った実物の縄文土器をバックにしての記念撮影など、自由にお楽しみいただきました。

ウーラのレプリカの記念撮影














縄文土器と床の間の組み合わせを見られる機会はめったにないのではないでしょうか…。
でも意外としっくりなじんで素敵だなと私は感じました。

床の間と縄文土器















縄文王国山梨巡回ゼミ、次回は10月23日(日) 富士吉田市のふじさんミュージアムが会場です!
13時30〜15時、「遺跡から紐解く富士山噴火」(講師:上杉陽氏)です。

縄文王国巡回ゼミ チラシ



スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::