韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
お盆を過ぎて、夏休みも残り少なくなって来ましたね。
にらみんへも、宿題ラストスパートに向けて自由研究の調べものに来てくれる小学生さんいます。
土器や土偶のスケッチをしたり、甲州財閥の小野金六さんや小林一三さんのことを調べたり、みなさん頑張っています。

にらみんでは毎年夏休みに市内の各児童センターへ出前講座に行っています。
去年は実物の縄文土器を持って行って、土器デッサンをしてもらいました。その前は、土偶の切り絵をしたり、江戸時代の買い物ゲームをしたり、毎年内容を変えて実施しています。

今年は、「縄文時代のおうち」(竪穴住居)のペーパークラフトです。

まずは、韮崎市内の遺跡から出て来たあるものを触ってもらって、「何に使う物か」「何で出来ているか」「どれくらい前のものか」を考えてもらいます。
これなーんだ?
石斧に触ってみる













去年の土器は茶色かったけど、ことしは灰色でツルツルしてます。
これは「磨製石斧」という石の斧で、木を切るために使われたと考えられています。
石斧の使い方













いまはのこぎりやチェーンソーで木を切るよね。どうして何千年も昔は石を使ったのかな?

「金属が無かったから!」(←あっさり正解)

小学校低学年おそるべし。ビシッと答えてくれます。

では、何のために木を切ったのかな?何となく切った訳じゃないよね。

「たき木を作るため」(←これも正解!)
「舟を作った」(←おお、鋭い意見!)
「家を建てるため」(←その通り!)

私たちは「家を建てるため」という答えに導こうという下心(?)があったのですが、そんな下心を出すまでもなく、つぎつぎと的を射た答えが飛び出してきて驚きました。

「みなさんが言ってくれた意見はどれも正解です!その中から今日は、縄文時代のおうちを建ててみようと思います!縄文時代のおうちはこんな感じだったよー」
竪穴住居ってどんなの?












みなさんのおうちとどこが違うかな?

「部屋の中に家具がない」
「お風呂やトイレがない」
「屋根が草で出来ている」
「部屋が一つしかない」

うんうん、その通り。これは地面に穴を掘って建てた「竪穴住居」と言います。床が地面より低いのが特徴です。

「今日は縄文時代のおうちを建ててみようと思います。でも外は暑いよ…この暑いのに穴を掘りたい?木を切りに行きたい?」

「切りたーーい!!」

…と予想外の展開にたじろぎつつ(子どもエネルギーおそるべし)、部屋の中で竪穴住居のペーパークラフトを作ってもらいました。
(富山市埋蔵文化財センターさんがHPで提供してくださっているクラフトで、イラストがとっても可愛いのです。
飛び出すカード形式なので、紙を半分に折りたたんで持ち帰ることが出来る点も大変便利です。)
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/
一生懸命作っています












民俗資料館には残念ながら竪穴住居はありませんが、竪穴住居の中でどんな土器を使っていたのか、実物を見たい人はぜひおいで下さい。
(山梨県立考古博物館の庭には復元された竪穴住居があります)
北西、韮崎、北東の各児童センターのみなさん、ありがとうございました!
甘利児童センターと穂坂放課後子ども教室のみなさんは、9月に参りますよー!
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::