韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
先ごろからプレオープン状態となっていた隠岐殿遺跡の出土品の展示につきまして、展示期間が決まりましたのでお知らせいたします。

ミニ企画展「隠岐殿遺跡の謎」

平成28年7月23日(土)~12月28日(水)


「隠岐殿遺跡の謎」チラシ
















新府城跡の東側に位置する戦国時代の遺跡「隠岐殿遺跡」からの出土品を展示いたします。
隠岐殿遺跡からは茶道具、碁石、当時の威信財である輸入陶磁器の破片などが出土しており、戦国時代末期の身分ある人物の住居跡と考えられています。

↓隠岐殿遺跡については、ブログの過去の記事にて詳しくご紹介しております。↓
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-506.html

展示する出土品は、以下のものです。
破片の状態で展示しているものと、器形を復元して展示しているものとがあります。

・輸入陶磁器(青磁、白磁、染付け)
・天目茶碗
・棗
・香炉
・碁石
・すり鉢
・硯
・かわらけ
・綿の実
・籾が付着した漆椀

展示ケース二つ分のこじんまりとした展示ですが、隠岐殿遺跡の出土品をこれだけまとまった形でお見せできる機会は少ないです。当館での展示は四年ぶりとなります。

隠岐殿遺跡ケース1












隠岐殿遺跡ケース2













輸入された青磁や染付け皿の破片。青磁の破片の分厚さに驚かされます。
破片の湾曲からは直径40~50cmもの青磁の大皿(盤)と推測されるものもあります。
青磁、染付など














白磁の皿、天目茶碗、棗、香炉など。
白磁、天目茶碗、棗など














かわらけ(酒宴などで使う素焼きの器)、碁石、すり鉢。
かわらけ・碁石・すり鉢















硯、籾が付着した漆椀、炭化した綿の実。
綿の実など
















入館無料ですので、新府城跡や武田八幡宮など武田家ゆかりの地めぐりと合わせてぜひご覧ください。

なお、韮崎市のお隣の北杜市には、隠岐殿遺跡との「隠岐」つながりが注目される真田隠岐守信尹のお墓があります。
北杜市長坂町長坂上条の龍岸寺が信尹公の菩提寺です。当館からは車で20分ほどの距離になります。

真田信尹公墓所(北杜市長坂町の龍岸寺)
龍岸寺 













お寺は幹線道路から少し奥まった閑静な場所にありますので、お出かけの際は、下記の龍岸寺様のホームページからアクセスマップをごらんになって行かれることをおすすめいたします。

龍岸寺(北杜市長坂町長坂上条1666)
ryuganji.com
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::