韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
本日付の山梨日日新聞において、韮崎市穴山町の宿尻遺跡から出土した“笑顔の土偶”が「山梨の遺跡発掘展2016」に展示されていることが紹介されました。

宿尻遺跡 笑顔の土偶













お問い合わせの多い“笑顔の土偶”に会えるチャンスです。
ぜひ山梨県立考古博物館へ足をお運びください!

---------------------------------------------
山梨県埋蔵文化財センター主催・山梨県立考古博物館共催
「山梨の遺跡発掘展2016」

会場: 山梨県立考古博物館 (甲府市下曽根町923)
URL: http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/special/isekihaxtukututen2016.html

日時: 平成28年3月12日(土)~4月10日(日)

展示内容についてのお問い合せ:
山梨県埋蔵文化財センター 055-266-3016

会場・アクセスについてのお問い合せ:
山梨県立考古博物館 055-266-3881
山梨の遺跡発掘展2016















-----------------------------------------------

宿尻遺跡は旧穴山小学校跡地や穴山ふれあいセンターの南側に位置しています。


宿尻遺跡からは、竪穴式住居の中で石で囲った炉の跡も見つかっており、その石の一つが山の形に似ていることも注目されています。縄文人が山へ特別な思いを抱いていたことの表れとも考えられています。

韮崎市からは宿尻遺跡の他、新府城跡から出土した遺物も展示されております。
城の正面入口(大手)に向かう大手道とみられる敷石遺構が見つかったことなど、新しい発掘成果がパネルで解説されています。

「山梨の遺跡発掘展2016」は何と無料で観覧できます!ぜひどうぞ!

ちなみに、「笑顔の土偶」って、探すと他にもあるんですよ(*’▽’)
民俗資料館にも、ほら、いたいた。

以下の土偶たちは、韮崎市穂坂町の女夫石遺跡から出土したものです。
現在、民俗資料館で展示しています。

目じりの上がり具合がたまらない。目と口の距離感やほっぺの丸みになごむ…。
資料館にもある 笑顔の土偶2















この子は笑顔というより、クスっとした微笑みかな?
ほんのり上がった口角がかわいい。
資料館にもある 笑顔の土偶














「笑顔の土偶」は、果たして縄文人が意図的に笑い顔を造形したものなのか?
それとも、現代の私たちには「笑っているように」たまたま見えるのか?
その答えは分かりません。

「…のように見える」のであれば、こんなのもありますよ。

「あくび土偶」 (-_-)zzz
あくび土偶?1










あくび土偶?2














ああもう、見るだけで脱力します…。


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::