韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
先日、韮崎北西小の皆さんからのお手紙の記事を載せましたが、関連して思い出したことがあります。
それは、神山小学校の校歌のことです。

大村先生が通われた神山小学校の跡地は、現在は神山公民館と「武田の里駐車場」となっています。
武田八幡宮の二の鳥居(県指定文化財)のすぐ隣にあります。武田八幡宮のご見学や神山地区の散策の際にご利用下さい。
旧神山小学校















注目して頂きたいのは、駐車場の一角に建つ「神山小学校校歌」の石碑です。
校歌石碑全体
















何が注目って、校歌の最後の部分!!
校歌石碑部分














「科学を究め 業とげて 高き文化の国樹てん」

この校歌は大村先生が卒業された二年後に作られたそうですが、先生の生き方と功績を予言しているとしか思えません。
研究者として科学を究めたことはもちろん、その科学をもって世界中の人の命を救う「業(わざ)」をとげ、美術を愛して文化を振興する…。
科学だけでなく、三拍子すべてそろって符合するところに運命!?を感じてしまいました。

大村美術館から旧神山小学校跡までは、歩いて10分もかかりません。
大村先生の通学路だった道をたどってみてください。

なお、今月は韮崎市立図書館にて、閉校になった小学校に関する図書の特設コーナーが設けられています。
神山・清哲・円野・旧甘利・大草・龍岡・藤井・中田・穴山の各小学校に関する本が集められていますので、図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::