韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
昨年、縄文王国山梨の共同イベントとして縄文土器のデッサンを募集いたしました。
(「どき★土器カワイイさがし デッサンコンテスト」)

韮崎市民俗資料館からも、たくさんの方にご応募いただきました。
児童センターや放課後こども教室の出前授業で描いてもらったり、県外からご来館の方も描いて下さいました。
にらみんからの応募は187点にのぼります。

そのすべての応募作品が、ただいま山梨県立博物館にて展示されています!

----------------------------------

「どき★土器カワイイさがしデッサンコンテスト 応募作品展」

日時: 平成28年1月20日(水)〜2月29日(月)

会場:山梨県立博物館(笛吹市御坂町成田1501-1)
    TEL 055-261-2631

観覧料:デッサンコンテスト応募作品展は無料で観覧できます

↓詳しくは下記リンクを参照↓
https://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/joumonoukoku/h27dokidokidessan_tenji.html

-----------------------------------
応募作品展チラシ













ご応募下さった方はもちろん、そうでない方もぜひご覧ください。
茶色の土器や土偶から、ここまで色彩に満ちた、そしてストーリー性のある絵が生まれるのか!と度肝を抜かれること間違いなしです。
きっと、元気をもらえることでしょう。

また、2月14日(日)にはデッサンコンテストの表彰式と講演会も開催されます。

縄文王国山梨 講演会
「50年前の重郎原遺跡の記憶」
「甲州弁で語る重郎原遺跡」

日時:平成28年2月14日(日) 13時30分〜16時

会場:山梨県立博物館 生涯学習室

講師:藤巻愛子氏(山梨むかしがたりの会代表)

申込み不要、参加無料

↓詳しくは下記リンクを参照↓
https://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/joumonoukoku/h27hyoushousiki_ohanasikai.html

古来、人間も自然の一部として動物や植物とともに生きてきたことを思い起こさせてくれる昔話や、今から50年前に甲州市で発見された重郎原(じゅうろうばら)遺跡の発掘・整理作業にまつわるお話を、甲州弁でお聴き頂くイベントです。
考古学になじみがない方でも、心にすっと入って来ることと思います。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::