韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
寒波襲来が襲来した今週、寒い中でも小学生のみなさんは元気いっぱいです!

昨日は韮崎市のおとなりの甲斐市から、敷島北小学校3年生のみなさんが来てくれました。
(韮崎市以外からの学校見学も大歓迎です!お気軽にご相談ください)

先日の韮崎北東小学校には、塩川にちなんでうなぎを獲る道具のクイズを出しました。
敷島北小学校では何にしようと思ったのですが、学区の中棚田があり、米作り体験の授業もされているそうなので、田んぼにちなんだ道具を選んでみました。

これは何でしょう?
この竹の棒は何?













ただの竹の棒に見えますが、上半分に切れ目が入って、二つに割ってあります。
先が割れてます















「洗濯物をつまんで干す」「高い所の木の実をとる」「炭をはさむ」…いろいろな答えを考えてくれて感心しました。
この道具は「すずめおどし」と言います。手に持って振り、先の割れた部分を打ち鳴らします。
するとカチカチカチ!!と大きな音が出ますので、田んぼにやってくる鳥を追い払うことができるという物です。

さて、こちらは「いろり」のあるお部屋に上がって探検中。
どんな道具があるかな?「ハイトリック」って何だろう…
お部屋を探検












スケッチやメモを取りながら、熱心に見てくれています。
このケースの中には、明治時代の算数や地理の教科書や、ノートの代わりに使った「石板」などが展示されていますよ。熱心に見てくれてます













もう一つのグループは、縄文土器も模様を写し取る土器拓本を体験中。
拓本専用の墨を含ませたタンポ(綿丸めてを布でつつんだもの)を、ポンポンと押し当てながら土器の凹凸を写し取っていきます。
薄すぎてもダメ、やりすぎて濃くなってもダメ(模様が読み取りにくくなるので)。
その加減にコツが要ります。
拓本もしました












資料館内だけでなく、外の水車や蔵座敷も見学しました。
すごく寒いけど、お天気は抜群。青い空がまぶしいです。
水車にGO












「みんな、お米をつくときはどうする?今はコイン精米で電気でやるけど、昔はこれだったんだよ!」
水車を見学












古民家風ロケセットの周りには、千歯こきや唐箕、背負い籠など昔の道具がいっぱいです。
花子の家も見学












敷島北小学校のみなさん、ぜひ来年も来てくださいね^^
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::