韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
10月31日に開催された「“にらみん”で秋祭り」では、桑の実を使ったハンカチ染めのブースも盛況でした。
お子さんだけでなく、大人の方も興味津々。韮崎への移住を検討されている方々がバスツアーでおいでになりましたが、その方々にも体験いただきました。
草木染めも盛況













5月~6月に集めて冷凍しておいた桑の実を煮出して液を作りました。(あぶなくないように、冷ました液を使いました)
まずは木綿のハンカチに絞りを入れる作業から。ペットボトルのふたを包んで輪ゴムでしばったり、ハンカチの先端を固結びしておきます。
こうすると、ゴムで縛ったり、固く結んだ部分には色が入らず、白く残って模様になります。

水で湿らせる→煮出した液に浸ける→みょうばんの水溶液に浸ける→水で洗う、というステップを踏むと、こんな染め上がりに↓
桑の実染めハンカチ1












輪ゴムや結び目をはずして開いたとき、はじめてどんな模様かが分かります。
世界に唯一つ、二度と同じ模様は作れない、そこが楽しいですね。
桑の実染めハンカチ2












さて、色々なブースを楽しんでスタンプが集まったら、受付へカードを持って行きます。
よくがんばりました!ご褒美に駄菓子をプレゼント。
抽選箱の中に手を入れて、お菓子を引きます。何が出るかはおたのしみ♪
駄菓子ももらえたよ












しかも、スタンプを集めた方にはダブルチャンスで、おもちゃが当たるくじ引きも出来ました。
運がよければ、コマや羽子板、ヨーヨーなどがもらえたよ。
景品のおもちゃ












楽しい時間はあっという間…気がつけばもう午後3時でした。
お祭りが終わるのはさみしいけど、民俗資料館(にらみん)や「花子の家」や蔵座敷は、これからもみなさんのお越しを待っています。
木々の色づきも増し、美しさもひとしおの季節です。
秋が深まる蔵座敷












かかしさんも、「にらみんにまた来てね~」と言っています。
また来てね



スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::