韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
当ブログでは、韮崎市民俗資料館・愛称「にらみん」の情報を発信しています!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
先日8月16日(日)に開催いたしました第二回「お蔵de落語」には、たくさんの方のお運びをいただき、本当にありがとうございました。
おかげさまで満員御礼の盛会となりました。

にらさき落語会様のご協力で、落語ちょうちんと赤ちょうちんを飾りつけることができました。
いつものシックな蔵座敷とは装いを変え、ワクワク高揚する寄席の雰囲気です!
ちょうちんでお出迎え












落語ちょうちん












落語の前に、特別出演のオブリガードさんが素晴らしい演奏をご披露くださいました。
クラシックギターの山上浩幸さん&鍵盤ハーモニカの滝本はる美さんのユニットです。
艶やかさと落ち着き、情熱と哀愁、饒舌と寡黙…。相反する印象を兼ね備えた大人の音楽が会場を魅了しました。
音楽の出演 オブリガードさん














鍵盤ハーモニカは、いわゆる「ピアニカ」のことです。ピアニカは商品名なのだそうです。
誰もが小学校で習うあの楽器が、こんなあでやかな音楽を奏でるなんて!と衝撃でした。

「リベルタンゴ」「ナイトクラブ1960」「チャルダッシュ」の3曲をご披露くださいました。
蔵座敷に響くタンゴの音色!このレトロモダンなお座敷でピアソラの曲が聴けるなんて素敵すぎます…。
明治時代の和洋折衷の蔵座敷とタンゴの音色が、期待以上に見事に合っていて感激しました。
オブリガードさんの演奏に聴き入ります















聴き入ったお客様たちに美しい余韻を残しつつ、いよいよ寄席のはじまりです。
→②へつづく
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。