韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
今日の韮崎はなんだかソワソワワクワクしています。
朝から何かをお知らせする花火が上がっていて…そうでした!今日は「若宮さん」の日!

韮崎駅から北へ徒歩数分のところにある若宮八幡宮の例大祭です。
旧河原部村の産土神であり、創建は9世紀に溯ると伝わる由緒ある神社です。
御神輿や稚児行列、夜店も立ち並ぶにぎやかな夏祭り。韮崎市民、待望のお祭りです。

にらみんも待っておりました。夜店の焼きそばを…?
…それもですが、このお祭りのときに現れる「茅の輪」を、です!

鳥居に結び付けられたおっきな緑の輪っか!これが「茅の輪(ちのわ)」です。
茅の輪がありました!













茅の輪がありました その2














半年の間にたまった穢れを、この輪をくぐることで清められると言われています。
6月末の「夏越の祓」という行事で行う神社が多いですが、若宮八幡では一月遅れの例大祭のときに茅の輪くぐりが行われます。
(若宮八幡では大晦日からお正月にも茅の輪が出されます)

正しいくぐり方が決まっていて、8の字を書くようにくぐるんです。
ちゃんと神社にイラストで解説してありました。ありがたい限りです。
茅の輪くぐりの解説板














茅の輪くぐりの解説図












茅の輪はチガヤやショウブなどの草を束ねて作られています。
茅の輪の素材1














茅の輪の素材2















茅の輪くぐりが出来るのは、今日7月30日と、大晦日からお正月しかありません。
貴重な機会ですので、お参りしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::