韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
山梨県内において、縄文時代の資料を展示する博物館で構成された「縄文王国山梨」というネットワークがあります。にらみんもその仲間のひとり(1館)です。
↓「縄文王国山梨」についてはこちらをご参照ください(山梨県HP内)↓
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/joumonoukoku/top.html

今日は、縄文王国の仲間の館で開催されている展覧会について、韮崎に関連のあるトピックを2つご紹介したいと思います。
(といっても、どちらも縄文時代の展覧会ではないのですけれど…)

甲府市の山梨県立考古博物館では、企画展「甲斐のSAMURAIゆかりの遺跡 城・館・屋敷・墓」展が開催中です。
次の日曜日、6月14日(日)までの会期なのでお急ぎください。
(しかも、この企画展は無料です!)

↓山梨県立考古博物館HP↓
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県内では中世から近世にかけての発掘調査が進み、武田氏にかかわる城・館跡や、甲府城とその城下町遺跡などについて、新しい知見がもたらされてきました。
その成果を紹介するとともに、武田氏関連の遺跡だけでなく、在地土豪の屋敷や墓にも焦点をあてて、中世から近世にかけて甲斐で活躍した「サムライ」ゆかりの遺跡を広く紹介する展覧会です。

韮崎市からは、

・武田勝頼が築いた新府城跡から出土した陶磁器類や金属製品
・武田氏の祖先である武田信義の館に関連する施設があったと考えられる武田東畑遺跡から出土したかわらけ(素焼きの器)

が出展されています。
どちらも、民俗資料館では展示していない資料ですので、この機会にご覧頂きたいと思います。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::