韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
先ごろ無事に修復工事を終えた小野家の蔵座敷。
去年の大雪で傾いた庇や瓦を直したり、建具や雨戸の傷んだ箇所を修復・調整したり、ゆるんだ畳の隙間を埋めたり…さまざまな点を改善して、より安全に快適にご見学頂けるようになりました。

この工事をご担当いただいたのが、甲州市塩山にある「伝匠舎 (株)石川工務所」さんです。
寺社などの伝統的建造物の修復や、古民家の再生を数多く手掛けることで知られる会社です。
その石川さんのご先祖は、身延町下山で戦国時代から大工として活躍した「下山大工」。まさに「匠」の技を「伝」えていらっしゃいます。

蔵座敷の修復について、「ここ、もうちょっと動かすこと出来ませんか…?」「こうして頂けると使いやすくなるんですが…」などと、いろんな難題をお願いしてしまいました。
指定文化財という制約がある中で、さまざまな知恵と工夫を凝らして難題に応えて下さり、本当に感謝と感動でいっぱいです。

伝匠舎さんでは、『風流美(ふるび)』という冊子を発行していらっしゃいます。
(すてきなネーミングです!)
工事を担当した建造物とその工程の紹介や、職人さんの技術、建築様式・意匠の歴史的解説など、勉強になる内容が盛りだくさんです。

2015年春号(第23号)では、蔵座敷と「花子とアン」ロケセットについてご掲載いただきました。
蔵座敷のご紹介のほか、ロケセットの茅葺き屋根の制作秘話も載っています。
蔵座敷とロケセットのページを以下に転載(画像掲載)させて頂きましたので、ぜひご覧ください!

『風流美(ふるび)』 第23号 (2015年春)
「風流美」 表紙















「風流美」 1ページ















「風流美」 2ページ










スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::