韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
テレビや新聞の報道でご存知の方も多いと思いますが、昨日4月2日、山梨県庁の中に「山梨近代人物館」がオープンしました。

「山梨近代人物館」

山梨県甲府市丸の内1-6-1 (山梨県庁内 別館)
甲府駅南口から徒歩7分
TEL 055-231-0988
午前9時〜午後5時 第二・第四火曜日休館
ホームページ
https://www.pref.yamanashi.jp/ykj/index.html

昭和5年に完成した山梨県庁舎別館をリニューアルし、明治から昭和初期にかけて活躍した山梨県の人物を紹介する展示室を設けた施設です。
昭和初期の重厚な旧知事室や正庁(特別な行事を行う部屋)が当時の雰囲気のままに再現され、知事になった気分を誰でも味わえます。(思う存分「えっへん!」できますね)
プロジェクションマッピングを使った笹子トンネルの映像や、子供向けの親しみやすい展示コーナーもあって、工夫が凝らされています。
また一つ、甲府に見るべきスポットが増えましたね。

「山梨近代人物館」では50人の人物を取り上げていますが、わが韮崎市からは4人が選ばれています。

伊藤うた(女子教育に尽力。現在の甲斐清和高校の創始者)
小野金六(JR身延線の前身にあたる富士身延鉄道の初代社長)
栗原信近(現在の山梨中央銀行の元となった興益社・第十国立銀行を設立)
小林一三(阪急宝塚グループ創始者)

ちなみに、韮崎ではなく甲府市の出身ですが、「花子とアン」のモデルになった村岡花子さんも50人の中に選ばれています。

近代人物館の第一回展示「甲州財閥と近代日本を築いた甲州人」では、小野金六と小林一三が詳しく紹介されています。
ぜひ足をお運びいただき、韮崎出身の先人の生き方や言葉に触れて頂きたいと思います。

そして!さらにご関心を持たれましたら、ぜひ韮崎にもおいで下さい。
にらみんの蔵座敷は小野金六さんが生まれ育ったお宅にあったものです!当時の豪商の暮らしを感じられますよ。

金六さんや一三さんが育った韮崎宿を散策したり、駅前の韮崎市ふるさと偉人資料館でさらに韮崎の人々を知ることもおすすめです♪
今なら、うたさんと信近さんの故郷・穴山にある「穴山さくら公園」(穴山駅前すぐ)のお花見も良いですよ。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::