韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
すっかり春めいて、にらみんの周りの畑では白い梅の花が満開です。
水仙の黄色い花も、鮮やかな色あいで咲いています。
厳しい冬を越え、華やかな春がやってきたと実感する今日この頃です。

さてさて、そんな春のある日、にらみんは中央市豊富郷土資料館さんへお邪魔して来ました。

先日、このお散歩日記で「まぶし折り機」について取り上げたところ、

「ロケセット前の“謎の道具”」
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-394.html
まぶし折り機










豊富郷土資料館のまゆこさんから、「良かったら実際にまぶし折りを体験してみませんか?」とのうれしいお誘いを頂いたのです!
「ぜひぜひしたいです〜♪」とワクワクしながらお伺いしました。

豊富郷土資料館さんは。中央市の大鳥居地区(旧豊富村)にあります。
高台の見晴らしの良い場所です。
館のお隣には、温泉と美味しいお食事が楽しめる「シルクふれんどりぃ」さんや、超巨大な繭の形(!)をしたトランポリンが大人気の「シルクの里公園」もあります。
まなんで、あそんで、たべて、温泉につかって…大人も子供も一日楽しめるスポットなのです♪

中央市豊富郷土資料館
山梨県中央市大鳥居1619-1
TEL 055-269-3399

豊富郷土資料館さんへおじゃましました









入り口ではまゆこさんがお出迎えしてくれました^^シルクの里の美肌美人!
まゆこさんがお出迎え♪










まゆこさんはにらみんのために、わざわざまぶし折りの道具とわらをご準備下さっていました。
本当にありがとうございます!

蔟折り機の使い方を教わりました










ちなみに、にらみんにある「まぶし折り機」はこんな感じです。
韮崎市神山町の方が使っていたものです。
韮崎市民俗資料館の蔟折り機










折り終わった「藁まぶし」はこんな“むぎゅ”っと圧縮された状態になります。
折り終わった藁まぶし









まっすぐな藁が、どうすればこんなにむぎゅむぎゅになるのか…

そして、これはどうやって使うのか…

詳しくはこれから、「まゆこさんに教わる折藁まぶしづくり」シリーズでご紹介していきたいと思います♪
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::