韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2014/11/27(木) 16:00:15

「食の道具」から味わう歴史

「花子とアン」ゆかりの場所としておなじみになったにらみんですが、
「民俗資料館」としての展示も、少しずつ入れ替えをしながら
皆様のお越しをお待ちしていますよ。

最近では、「食の道具」に関するミニコーナーを作りました。

江戸時代、韮崎宿は甲州街道と佐久往還、駿信往還とが交わる要所。
いわば高速道路のジャンクションだったと言えるでしょう。
「韮崎宿ジャンクション」は、単に道の切り替えポイントではなく、
サービスエリアや物流センターとしての機能も兼ね備えていました。

そんな韮崎宿に、もっとも多く集まった物とは何でしょう?
それは、米と塩です。
韮崎宿には、北巨摩地域のみならず信州からも年貢米が集積されました。
集められた米は、宿に隣接した船山の船着き場から舟に載せられ、
釜無川を下って鰍沢河岸へと運ばれて行きました。
韮崎宿は「陸と川のジャンクション」でもあったのです。
江戸へ大量の年貢米を輸送するには、鰍沢から舟で駿河湾方面へ運ぶのが
最も効率的でした。

年貢米につけられた旗
御城米の旗の展示













そして、鰍沢から韮崎に戻る船はもちろん空っぽではありません。
とても大事なもの…塩を載せて釜無川を上がってきました。
韮崎は北巨摩、信州南部に向けての塩のターミナルでもありました。

米や塩に着目すると、そこからは道と川が見えてきます。

そして、米からはしょうゆや味噌、酒も生まれました。

酒樽や燗つけ器
酒関連の展示













川には水車がかかり、そこで製粉された粉からはほうとうが作られました。

ほうとう製麺機やふるいなどの展示
ふるいなどの展示













もちろん、川では魚もとれました。

魚を捕る道具の展示
魚捕りに関する道具の展示













ミニコーナーでは、米や酒に関する道具、粉食に関する道具、
魚とりの道具などを展示しています。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::