韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
さて、どんど焼きのお楽しみは、何といってもお団子を焼くことです。
でも、お団子をちょうど良く香ばしく焼くのは意外と難しい。
枝に刺したお団子を直接火であぶると、焦げて真っ黒になりやすいのです。
私も子どもの頃、真っ黒なお団子を食べていた記憶があります。

そこで、近年この地区では、お団子をアルミホイルに包んで焼くのが
主流になっています。ほとんどの方がホイルで包んでいました。

ホイルに包んだお団子















竹の棒の先に、針金に通した紅白のお団子をつるし、ホイルで包みます。
針金を輪っかにしてつるす人、一直線のまま吊るす人、
あるいは針金を使わず、一個一個ホイルに包んだお団子を木の枝々に刺す人もいます。

いつからホイルに包み出したのかははっきりしませんが、
私が中高生のころから見始めた気がするので、20年くらい前かもしれません…??
誰かが始めたのを見て、「あれは良い!」と真似する人が増えたと思われます。
(ウチもそうです)
たしかに、こうすると焦げずに「こんがり」と焼けます!
民俗行事の中の、ちょっとした現代化の流れを見た気がします。

お団子の準備はばっちり。
50人を超える参加者は、火が付けられるのを今か今かと待ちます。

その3へつづく。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::