韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
昨日1月12日(日)の夜に行われた「どんど焼き」に行ってきました。
とはいっても、韮崎市ではなく、隣の南アルプス市のある地区で
行われたどんど焼きなのですが…。
以前は14日に行われていましたが、数年前から14日直前の日曜日に
日にちが変わったそうです。

場所は地区のはずれで、周辺に民家のない場所(元々は田んぼだった広場)
で行われます。
日中のうちに、地区の男性たちが竹と藁を使ってオコヤを建てます。
竹で四角く骨組みを作り、それに藁を掛けて小屋の形にしたものです。
真ん中には、葉のついたままの長い竹が一本立てられます。

どんどん焼きのオコヤ
















オコヤに火が付けられる前に、住民たちはお正月の飾りや書初めを
このオコヤの中に入れます(詰め込みます)。
私も子どもの頃は、習字の塾で書き溜めておいた一年分の手習いを
このどんど焼きで燃やしました。

燃やした習字の火の粉が高く上がるほど、字が上手くなると
言われています。
これは、「火の手が上がる」ことを「手が上がる=字が上手くなる」
という意味に掛けているためです。

その2へつづく。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
韮崎のどんど焼きはシンプルなのがほとんどなんですよね~。シンプルとはいえ、どんど焼きが継承されているのがなんとも面白いと思います。
2014/01/15(水) 22:53:42 | URL | oberisuku #dW2OHdfI[ 編集]
そうですね~♪
どんど焼きは山梨県内各地で広く行われていますが、
地域によって規模や方法に違いがあって面白いですね!

シンプルなもの、不思議な形のオコヤを建てるもの、華やかな御神木を立てるもの…

形は違えど、お団子を持ってワクワクと火を囲む気持ちは同じなのかなと思います。
暮らしの中で伝承されているって素敵なことですね。
2014/01/22(水) 09:28:00 | URL | にらみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::