韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2014/01/13(月) 10:15:14

豆粕けずり機のおはなし

数日前、資料館に見学にいらっしゃったお客様から
「豆粕けずり機」についてのお話を伺いました。

これが展示してある豆粕けずり機です。
豆粕けずり機
















豆粕は、大豆油をしぼった後のカスのことで、
これを固めたものが旧満州から運ばれてきていたそうです。
その豆粕の塊をこの機械で細かく砕き、畑に撒いて肥料にしていたそうです。

豆粕削り機の裏側には刃があり、ハンドルを上下に動かすと
この刃も上下に動きます。
豆粕けずり機の裏側















さらに、豆粕けずり機の隣に馬の鞍が展示してあるのをご覧になると、
馬と豆粕の関係についても教えて下さいました。

戦時中、軍用に役立てるために家庭で飼っている馬を登録する制度があり、
若く健康な馬のいる家庭には、餌とするよう優先的に豆粕が与えられたそうです。
人間だけじゃなく、馬も出征したんだよと教えて下さいました。

展示してある資料と資料のつながりを見出して下さり、
実体験にもとづいて教えて下さったので、とても印象に残りました。

本を読むことで得られる情報ももちろん大切ですが、お客様から直に
お話を伺うと、やっぱり心への染み込み方が違うように感じます。
とてもありがたいことです。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::