韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
当ブログでは、韮崎市民俗資料館・愛称「にらみん」の情報を発信しています!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
本年も韮崎市民俗資料館をよろしくお願いいたします。

お正月気分が抜けないままに、松の内が明けてしまいました。
あさって、1月11日は「鏡びらき」ですね。
鏡餅を割って、おしるこやお雑煮にして頂く風習です。
「割る」というと縁起が良くないので、「開く」というそうですね。

同じく1月11日には、「田植え節句」という風習がありました。
松やお酒を田んぼにお供えして、田の神様に豊作を祈るというもので、
今ではあまり行われていないようです。
昭和54年発行の『韮崎市史』によると、

1 11日の未明に起きる
2 箕に松とお供え物を入れ、一升枡に洗米を入れて、田や庭先へ行く
3 主人がまず地面に鍬を入れ、つぎに同行者が耕す
4 その後、田植えになぞらえて松の枝を数本挿す
5 注連縄を張って豊作を祈願する

という手順で、例として岩下地区の田植え節句の写真が載っています。

あさって、いろいろな田んぼを注意して見ると、もしかしてこの節句風景に
出会えるかもしれません。
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。