韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
本日から、ミニ企画展「モダン・ニラサキ~汽車が走ったころ~」がはじまりました!

展覧会をはじめます















韮崎駅開業110周年・穴山駅開業100周年を記念して、
汽車が走っていた明治時代~昭和30年代のくらしを紹介します。
中央線が韮崎まで開通したのは明治36年。
そして中央線の甲府駅から上諏訪駅間が電化されたのは昭和39年。
(東京オリンピックの直前です!)
その間は、「電車」ではなく「汽車」が走っていたのです(ディーゼルカーも含む)。

汽車が走っていた時代は、遠い昔でしょうか?
それとも、意外と最近まで走っていたと感じますか?

塩川鉄橋(ブログ)















これは現在の中央線、塩崎駅と韮崎駅の間にかかる塩川鉄橋です。
つい先日撮影した写真ですが、この鉄橋を支える橋脚が明治時代のものだということ、
ご存知でしたか?開通時に作られたものが現役なんです!

明治の鉄道といまのくらしは、こんな風につながっているんですね。
ぜひ、この機会に「汽車」「鉄道」というキーワードで切り取る韮崎の暮らしに触れてください。

たとえば、こちらは展示品のひとつ「鉄道旅行図」です。
鉄道旅行図(ブログ)















大正9年から昭和元年ころのマップです。
今との駅や路線の違いを見比べるのも面白いですよ!
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::