韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2013/07/29(月) 22:00:37

かき氷機、はじめました。

体の主成分が甘いもので出来ている新米にらみんには、
夏になったらぜひ展示したいものがありました。

それが、「氷削機」。かき氷をつくる機械です。

かき氷機の展示
















レトロですてき!
ふわふわの美味しいかき氷ができそう!!

かき氷機の側面
















普段は展示室の片隅の目立たない場所にあるのですが、
夏は、みなさんに良く見えるようにしてあげたいと思っていました。

今の私たちが言う「かき氷」、つまり、氷を削って甘い汁をかけたものは、
すでに平安時代には食べられていたようです。
(清少納言の『枕草紙』に記述があります)
およそ1000年前のことですから、かき氷の歴史は意外に古いのですね。

にらみんにあるような氷削機が広まったのは、昭和初期と言われています。

かき氷のシロップ、いまはホントにたくさんの種類がありますよね。
わたしはやっぱり、宇治金時が好きだなぁ。

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::