韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
韮崎市民俗資料館では、平成29年度夏季ミニ企画展として「発掘でわかった土器づくり」を開催しています。

------------------------------------------

 平成29年度 夏季ミニ企画展 「発掘でわかった土器づくり」 

  会期:平成29年7月23日(日)〜9月3日(日) 

日本列島では、1万年以上前の縄文時代から土器づくりが行われていたことがわかっています。
縄文土器のほとんどは、煮炊きに利用されています。
今でいう鍋のような役割をしていました。
土器による煮炊きが可能となったことで、食べられる食物が飛躍的に増えました。
今回の展示では、韮崎市内で発掘された資料をもとに土器(うつわ)づくりについてみていきたいと思います。

◎土器の製作工程とライフサイクル
粘土採取 → 素地土づくり(粘土と混和材を混ぜ合わせる) 
→ 成形 → 施文・調整 → 乾燥 → 焼成 → 使用 
→ 破損 → 廃棄

【展示1】 生粘土と土器づくり
展示資料:石之坪遺跡出土の生粘土および土器片、宿尻第二遺跡出土の生粘土

生粘土と土器づくり
















◎生粘土(なまねんど)
石之坪遺跡(円野町)の土坑からは、縄文時代中期の生粘土が見つかりました。
土器をつくるために粘土を採取してきて、穴の中で保管していたものと考えられます。
市内の遺跡からは大量の土器が確認されていますが、生の粘土が確認されることは極めて珍しいです。
発見された当時は、白色でした。

【展示2】 時期による素地土の違い
展示資料:上手沢遺跡出土の土器片(縄文時代前期)
     下馬城遺跡出土の土器片(縄文時代中期)

時期による素地土の違い















◎素地のいろいろ
上手沢遺跡出土の縄文時代前期の土器は、粘土に植物繊維が混ぜられています。
繊維が入ることで器面がガサガサになり、断面が黒くなる特徴があります。
石之坪遺跡出土の縄文時代中期の土器は、よくみると粘土と砂などを混ぜて素地がつくられています。
文様も様々な種類があります。

【展示3】 土器を作る作業台
展示資料:女夫石遺跡・石之坪遺跡・坂井遺跡・下馬城遺跡出土の台形土器

土器を作る作業台
















◎台形土器(だいがたどき)
土器製作の際の作業台として使われたことが推定されています。
とても珍しい土器ですが、韮崎市では多くの資料が確認されています。

【展示4】 文様と焼成
展示資料:石之坪遺跡・下馬城遺跡出土の土器片
石之坪遺跡出土の焼成粘土塊

文様と焼成














◎文様のいろいろ
・縄文(じょうもん)・・・植物繊維を撚ってつくった紐を土器の器面に回転して文様をつけます。
・竹管文(ちくかんもん)・・・竹や笹などを加工した工具を利用して文様をつけます。
・隆帯(りゅうたい)・・・粘土の紐を器面に貼り付けて文様をつくります。
・沈線(ちんせん)・・・棒状の工具を使って溝状に線を引き文様をつけます。

◎焼成粘土塊(しょうせいねんどかい)
粘土の焼けたかたまりです。石之坪遺跡の住居跡の中からみつかりました。

【展示5】 古墳時代の器づくり
展示資料:御座田遺跡出土資料

古墳時代の器づくり
















平成28年度龍岡地区圃場整備事業にともなって御座田遺跡の調査で発見された資料です。
調査では、斜面に古墳時代後期(6世紀後半)の須恵器の窯跡が存在することが確認されました。
山梨県内の窯跡としては最古級のものと考えられています。

御座田遺跡 坏















御座田遺跡 癒着資料
















◎須恵器とは・・・
古墳時代中期に朝鮮半島からロクロと窯の技術が伝わりました。
それまでの土器は屋外で焼いていたので、温度が500~900℃くらいまでしか上がらず、赤みを帯びた軟らかい土器でした。
須恵器は窯を使って焼くため、1100~1200℃という高温で焼くことができ、灰色の硬い土器を作ることが可能になりました。

スポンサーサイト
 
甲州財閥の一人・小野金六の生家から移築した蔵座敷で、夏のくらし体験をします。

・打ち水
・蚊帳
・蚊取り線香
・陶器のまくら

など、昔の人がどうやって暑い夏を過ごしていたか、ちょっとだけ体験してみませんか?
明治時代に建てられた25畳のお座敷が会場です。
蔵座敷の中の様子












そのほか、工作として「拓本うちわ作り」もします。
本物の縄文土器のカケラをつかって模様を写し取り、色を塗ってうちわに貼りましょう。
世界で一つのオリジナルうちわです。

さらに、スペシャルおまけ「弓矢で狩り体験」もあります!

あぶなくない弓矢を使って、森にひそむ動物の看板を狙います。
縄文時代の人の気分を体験しましょう。
毎年、にらみんの秋祭りでも大人気のコーナーです。

参加費は無料です。和室に座布団を敷いて行います。
スペースに限りがあるため、事前のお申し込みをおすすめいたします。
(空きがあった場合は、当日参加可能です)

-----------------------------

 「蔵座敷で夏のくらし体験」 

【日時】 2017年7月29日(土)
      午前10時30分〜12時

【場所】 韮崎市民俗資料館 蔵座敷 (韮崎市南下條786-3)

【参加費】 無料

【定員】 20名
     ※申し込み優先。空きがあれば当日参加可能です。

【お申し込み】 韮崎市民俗資料館へお電話下さい。
          電話 0551-22-1696

【ご注意】
・座敷に座布団を敷いて行います。
・会場に冷房がありませんので、涼しい服装でおいでください。
・弓矢体験は屋外で行いますので、帽子をかぶるなど日よけ対策をお願いいたします。
・雨天の場合は、室内でできる内容のみ行います。(弓矢、打ち水は中止)
・駐車場は20台程度です。お乗り合わせてのご来場をお願いいたします。

------------------------------
2017 蔵座敷で夏の体験チラシ-001















2017 蔵座敷で夏の体験チラシ-002













 
一年の半分が過ぎ、もうすぐ七夕。
7月から、韮崎市に正午を告げる防災無線のチャイムが「たなばたさま」に変わりました(7月15日までの限定)。

♪笹の葉 さらさら 軒端に揺れる 
 お星さま きらきら 金銀砂子

この歌を聴くと、七月が来たなぁと感じます。
全国の子供から大人まで、多くの人がそうではないでしょうか。

韮崎市の正午に「たなばたさま」のチャイムが流れるのには、大きな理由があります。
この歌の作詞者である権藤はなよさんは、韮崎市穴山町の出身なのです。

JR穴山駅に隣接する穴山さくら公園には、権藤さんの功績を伝えるため「たなばたさま」の詩碑が建っています(平成25年建立)。

たなばたさま歌碑














童謡詩人・童話作家の権藤はなよさんは、明治32年に北巨摩郡穴山村(現・韮崎市穴山町)伊藤窪に生まれました。
実兄の伊藤生更さんは、斎藤茂吉に師事し、アララギ派の歌人として活躍したという文芸の才に秀でたきょうだいでした。

はなよさんは山梨県師範学校を卒業したのち故郷の小学校教員となりますが、文学の夢を追うため上京。出版社に勤めながら詩をつくります。
このあたり、『赤毛のアン』の翻訳者で童話作家の村岡花子さん(甲府市出身)の生き方と重なるものがあるような…。花子さんは、はなよさんより6歳年上。ほぼ同世代です。

はなよさんは、童謡詩人として名高い野口雨情(「七つの子」「赤い靴」などを作詞)に見出され、雑誌に童話や童謡詩を発表して活躍するようになりました。

「たなばたさま」は、当時の文部省からの依頼を受けてはなよさんが作詞し、昭和16年に国定教科書に掲載されました。
戦後、政治も文化も激変する中で、「たなばたさま」は変わらずに愛され、今でも子供たちが口ずさんでいます。
それは、この歌が持つ極限までシンプルでありながら忘れがたい言葉の響きと、そこから想像される美しい夜空、涼しげな風…そういったものが誰の心をも打つからではないでしょうか。

さらさら、きらきら…子供にも歌える簡単な言葉と、「軒端」「金銀砂子」という優雅な古語が織り交ぜられている所に、独特の美しさを感じます。

「のきば」?「すなご」?「ごしき」?子供のころは意味も分からずに歌ったことと思います。私もそうでした。
大人になったとき、ふと「あの歌詞の意味って何だろう」と思って調べて、「そうだったのか」と知る。より一層、歌が作り出す情景が鮮やかになることでしょう。
それはとても粋なことだと思います。
(私が子供の頃、最も分からなかった「砂子」は、金箔や銀箔を粉状に砕いたもののことでした)

韮崎市穴山町には、権藤はなよさんの詩碑が公民館など10カ所に設置されています。

夏目公民館 「ないしょないしょ」の詩碑
ないしょないしょの歌碑














穴山には、雰囲気のある神社や、明治時代のレンガトンネル、道端の道祖神など、お散歩ポイントが色々あります。詩碑とともに巡ってみてはいかがでしょうか。

「穴山さんぽ道マップ」(韮崎市観光協会HPより)
※下記のマップには9カ所の詩碑の記載がありますが、その後福祉施設「穴山の杜(ショートステイ)」に10カ所目が新設されました。
穴山さんぽ道マップ















明治時代のレンガトンネル。
穴山さくら公園の南側にあり、かつてスイッチバックを行っていた土手に開けられたトンネルです。
明治時代のレンガトンネル(スイッチバックの土手)














稲倉穂見神社本殿には、繊細な彫刻と組み物があります。
稲倉穂見神社 本殿
















稲倉穂見神社 彫刻と組み物














御名方神社には、神さま(建御名方命)が馬を休めたという「馬蹄石」や、神さまの馬が蹄を滑らせたという「蹄の滑り石」があります。
何気なく見える石にも、実は伝説が秘められていたり…。

御名方神社
御名方神社












馬蹄石
馬蹄石












馬蹄石の由来












蹄の滑り石
蹄の滑り石














 
今日から7月に突入です!7月の初日は、朝から梅雨らしい雨…。
でも、明後日からは山梨では猛暑日の予報も出ています。夏本番はもうそこまで来ていることでしょう。

7月と言えば夏休み、そして、海の日は毎年恒例「自由研究プロジェクト 合同プレゼンinアイメッセ山梨」です!
山梨県内のさまざまな博物館・美術館がアイメッセに大集合。
工作、クイズ、昔の衣装体験、砂金採り体験etc…。
夏休みの自由研究のヒントを、各館が工夫を凝らしてプレゼンテーションする恒例イベントです。

今年も、韮崎市民俗資料館&韮崎市ふるさと偉人資料館の共同ブースを出しますよー!

-----------------------------------------------

「夏休み自由研究プロジェクト 合同プレゼンinアイメッセ山梨」

日時:2017年7月17日(月・海の日) 午後1時30分〜4時30分

会場:アイメッセ山梨(甲府市大津町2192-8)

入場無料

詳しくは、下記リンク(山梨県立博物館ホームページ)をご覧ください
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_event_natsupro_2017.html

------------------------------------------------

今年のにらみんは、「カラフル土器拓本でポストカードを作ろう!」です。

まずは、本物の縄文土器のカケラを使って「拓本(たくほん)」をとります。
土器の模様がよく分かるように、和紙で土器を包み、専用の墨で軽く押さえて模様を写し取る作業のことです。
ふつうはこれでおしまい。白黒のままです。発掘報告書に載せるためなどに使います。

でも、白黒の拓本に裏から水彩絵の具で色を付けると、とってもきれいなんです!
色のにじみが涼しげで、あじさいのようではありませんか?
(暑中見舞いにも使える…!)

拓本ポストカード 試作品1













拓本に絵具で色をつけるという発想は、私には思いもつきませんでした。
長野県富士見町の井戸尻考古館の学芸員・小松隆史さんのアイデアで、フェイスブックで拝見したときに、あまりにきれいで感動しました。
ぜひにらみんでもさせてください!とお願いしたところ、快くお許しいただきました^^

井戸尻考古館さんは、全国の考古ファンに名を知られた素晴らしい資料館です。

「井戸尻考古館」
長野県諏訪郡富士見町境7053
TEL 0266-64-2044
http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html

アイメッセの合同プレゼンでは、この彩色した拓本を使ってポストカードを作ります。
(掲載した写真のお花のマークのところは、名前を書いてもらいます)
もちろん、拓本を取るところから実際に体験します。
本物の縄文土器の固さ、重さ、手ざわり、模様を実感してください。

拓本ポストカード 試作品3












拓本ポストカード 試作品2














参加費は無料です。
材料は50人分用意し、なくなり次第終了といたします。
整理券を配りますので、やってみたい方はお早目に韮崎のブースにおいでください。

海の日はアイメッセ山梨でお待ちしています!