韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
今日からゴールデンウィークに突入ですね。
桜と桃の花のピンクに染まった4月は美しくもあっと言う間に駆け抜け、気が付けば濃い緑が葉陰を作るようになっています。
葉のざわめく音も大きくなり、蔵座敷や花子の家の周りでは、葉の茂みが地面に落とす陰が日に日に広くなってくるのが感じられます。まさに「緑陰」です。
蔵座敷の障子には外の緑が映えて、緑に染まっています。もう「初夏」ですね。

蔵座敷の中では、愛らしくも勇壮な五月人形がみなさまのお越しを待っております。

五月人形出しました














昭和54年の武者人形です。
武具や旗、太鼓、鯉のぼり、かがり火など飾りも盛りだくさんで立派です。
立派な五月人形













私のお気に入りは、紙で出来たミニ柏餅。かわいい!
柏餅













粽(ちまき)もきれいに作られています。
ひな飾りには固い菱餅しかないので、手の込んだ粽や柏餅のミニチュアは私にはうらやましく感じられます。
粽













ちなみに、この五月人形を贈られた男の子は、のちに素晴らしいアスリートへと成長されました。
ですから、このお人形を見ると、心身ともに健やかで運動神経抜群になれる気がします。
もちろん、すべての五月人形は子どもの健やかな成長を祈って飾られるものですが、このお人形は特にご利益がありそうに思いますよ^^

「端午の節供」の「端午」とは、もともと「月の最初の午(うし)の日」という意味でした。正月を寅の月と考える旧暦では、午の月は5月に当たります。また、「午」は「五」に通じるため、5月5日は五が重なる日とされ、この日に端午の節供が行われるようになりました。
古代中国では、端午の日に薬草を摘んだり、蓬で出来た人形を飾ったり、菖蒲を門に掛けたりして邪気を払ったそうです。
日本の宮中では、奈良時代から端午の節句に薬草を丸くして飾りをつけた「薬玉(くすだま)」を贈り合う習慣がありました。
鎌倉時代の武家社会になると、菖蒲が「尚武」(武を重んじること)につながると考えられ、端午の節句は男子の成長を願う行事となりました。
そして、江戸時代には、のぼりを立てたり、厚紙で作った鎧兜や紙に描いた武者絵などを飾るようになりました。

江戸時代初期から中期の端午の節供では、玄関の周りなど道に面した場所にのぼりや兜、なぎなたなどを飾っていました。
江戸中期以降、それらがミニチュア化し、道に面した場所から縁側へ、さらには座敷へと飾る場所が変化したと考えられているそうです。「外飾り」から「内飾り」への流れがあったのですね。
江戸時代後期に成立した、室内に飾るための工芸的な鎧兜や武者人形が現在の五月人形の原型と考えられています。

民俗資料館の展示室では、山梨独特の端午の節供飾り「おかぶと」もごらんになれます。
現代では姿を消してしまった珍しい資料ですので、こちらもお見逃しなく!
当館蔵のおかぶと












穂坂小学校旧蔵おかぶと












「おかぶと」については、下記の記事をご参照ください。
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html
スポンサーサイト
 
2016/04/21(木) 10:08:17

平成28年4月・5月の休館予定

平成28年4月および5月の休館予定をお知らせいたします。

※祝日の振替休館のため、月曜日以外の休館日があります。
ゴールデンウィークの次の週は月曜~金曜まで休館となります。
ご来館を予定されている方は、ご注意下さいますようお願いいたします。

【平成28年4月の休館予定】

 4日(月)  
 7日(木) 午後1時まで休館
 11日(月) 
 14日(木) 午後1時まで休館 
 18日(月) 
 21日(木) 午後1時まで休館
 25日(月) 
 28日(木) 午後1時まで休館 

【平成28年5月の休館予定】

 2日(月)  
 9日(月) 
 10日(火) 祝日に伴う振替休館 
 11日(水) 同上 
 12日(木) 同上
 13日(金) 同上

 16日(月) 
 19日(木) 午後1時まで休館 
 23日(月)
 26日(木) 午後1時まで休館
 30日(月)
 
ロケセットの周りの桜は葉桜に移り変わっていますが、遅咲きの蔵座敷の桜が開花を迎えております。
蔵座敷の庭に一本だけ立つ桜は、周りの桜が散る頃に咲き始めるんです。

4月15日 蔵座敷の桜













三分咲きくらいでしょうか。
4月15日 蔵座敷の桜 部分













昨日、新府の桃の様子を見て来ましたら、満開でした!
駐車場も満車で大人気でした。キャンバスを広げて写生をされている方々も沢山いらっしゃいました。

新府城の北側(見学者駐車場の向かい)では菜の花があふれるよう。
4月14日 新府城北側













駐車場から新府共選所へ向かう農道を散策すると、こちらでも黄色とピンクの共演。
4月14日 新府の桃













桃と菜の花、富士山が一緒に見られるスポットもあります。
4月14日 新府の桃と富士山 2












4月14日 新府の桃と富士山












南アルプスの鳳凰三山を背にした桃の花も絵になります。
4月14日 新府の桃と鳳凰三山











 
新府城跡の周りには、「桃源郷」が広がっていることをご存知ですか?
桃の産地と言えば、山梨県では笛吹市や南アルプス市というイメージがあるかもしれませんが、実は韮崎市にも桃の一大産地があるんです。

それが、新府城跡の東側一帯に広がる「新府桃源郷」です。
新府共選所にも、誇らしげに看板が!
共選所














新府桃源郷の魅力は、土地に起伏があるので様々な角度から花を楽しめるという点です。
高い所から見渡せばピンクのじゅうたんが広がり、桃畑の中の道を下りながら散策すれば、桃の花を自分の目の高さで間近に堪能できます。
鮮やかに描かれた絵本の世界に迷い込んだようです。

新府の桃の開花状況ですが、観光協会によると今週が見頃を迎える見込みとのことです。
http://www.nirasaki-kankou.jp/

写真は昨年4月16日のものですが、今年は早くも今週が見頃になるそうなのでお見逃しなく。
桃と鳳凰三山














起伏のある地形













桃と菜の花と八ヶ岳














桃と茅ヶ岳














最近は新府城跡を訪ねる方がたいへん増えていますが、おそらく、今が一番景色が美しい時期ではないでしょうか。
桜と、桃と、菜の花が一緒に見られるのは今だけです。

車でいらっしゃる方は、新府城跡見学者用の駐車場または新府共選所の駐車場をご利用いただき、周辺を散策ください。

新府城跡見学者駐車場
新府城の脇に駐車場があります














新府桃源郷は、昭和40年代の「新府パイロット開拓事業」によって誕生しました。

昭和20年代、この地域では米や麦の栽培のほか養蚕が盛んで桑畑が多くありましたが、桃の栽培に適した土地として新府果実組合も設立されていました。
昭和38年ごろから国と県によって農業構造改革事業が進められ、韮崎市でも平地林を開拓して農家の選択的規模拡大と果樹専業農家の育成を目的に、「桃団地」の造成が計画されました。「新府地区県営開拓パイロット事業」です。
パイロット事業は昭和41年度に起工し、5年の計画で完成しました。

新府共選所の隣には、事業から15周年を記念して、昭和56年に建てられた石碑が建っています。
桃のお花見の際は、そんな歴史も垣間見ていただけたらと思います。
開拓記念碑














開拓記念碑 うら
















「景観」は、時代時代の人びとの生活によって移りゆくもの。

桃畑が広がる前は、ここは桑畑だったのかな…?
桃も桑も無かった頃はどんな風景だったのだろう?
勝頼が新府城にいるころ、この桃畑のあたりに家臣の屋敷が見えたんだろうな…
(新府共選所の東側からは、真田昌幸の弟・信尹の屋敷跡とも考えられる遺跡が見つかっています。隠岐殿遺跡といいます。詳しくはこちらの記事を参照ください)
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-506.html

ぜひ想像してみてください。

 
にらみんの桜は、ハラハラと吹雪を散らしております。
強い風が吹いているのではないのに、ひらひらと降る花びらは夢のようですね。
毎年見慣れた光景ですが、神秘的なものです。

ロケセットの桜も大分散ってきました。
4月9日 1













花子の家の前は、桜が散り敷いています。白っぽいのは全部花びらです。
桜のじゅうたんの上からは、わに塚の桜が望めます。
4月9日 4














王仁塚の桜には、今日もお客さんがたくさんいるようですね!
4月9日 わに塚













ロケセットと蔵座敷の間の桜は、こんな感じ…
4月9日 3













4月9日 5














資料館から蔵座敷へ至る道から望む桜は、葉っぱも出ているけれどまだまだきれいです。
4月9日 2












たんぽぽやすみれが日ごとに増えています!
4月9日 たんぽぽ















4月9日 すみれ














 
今日は山梨県の一大イベント「信玄公祭り」の甲州軍団出陣の日です。
桜は満開というより花吹雪になっていますが、その中を武者が行き来する姿を見るのも趣があるのではないでしょうか。

韮崎市からは、甘利備前守虎康隊が出陣します。
市内パレードは本日11時に市役所を出発し、12時半から韮崎駅前で出陣式が行われます。
また、出陣式に合わせて、平和観音のある場所から「のろし」を上げる試みも行われますので、ぜひご注目下さい。

さてこのたび、新府城跡の解説パンフレット「親子で歩く新府城」のPDF版が、全ページ一括でダウンロードできるようになりました。
下記の韮崎市役所のホームページ内からダウンロードしてご利用下さい。

解説パンフレット「親子で歩く新府城」 ダウンロードページ(韮崎市役所HP)
http://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2016021800022/

なお、1ページずつ個別でダウンロードする方は、下記リンクからどうぞ(韮崎市民俗資料館ブログ内)

「親子で歩く新府城」 1ページ目 (857KB)
「親子で歩く新府城」 2ページ目 (637KB)
「親子で歩く新府城」 3ページ目 (761KB)
「親子で歩く新府城」 4ページ目 (678KB)
「親子で歩く新府城」 5ページ目 (762KB)
「親子で歩く新府城」 6ページ目 (813KB)
「親子で歩く新府城」 7ページ目 (876KB)
「親子で歩く新府城」 8ページ目 (830KB)

A4一枚の手軽なマップがほしいという方には、下記の「新府城跡お散歩マップ」もございます。

「新府城跡お散歩マップ」(A4)

「新府城跡お散歩マップ」 (417KB)

----------------------------------------------
親子で歩く新府城 表紙 ブログ用














 
今朝、にらみんに出勤しての第一声は「山、きれい!」でした^^
霞が無くクリアな青空に、これまた青い山肌と真っ白な雪の対比。そして桜。
うれしくて早速写真を撮りに行きました。

にらみんのお隣にある静心寮の桜も満開です。
早くも散りはじめて、ハラハラと舞う花びらが幻のようです。
静心寮の桜













鳳凰三山が良い眺めです。桜との共演はいまだけ。
資料館から蔵座敷に向かう坂道を通る際はどうぞお見逃しなく。
4月6日 静心寮からのながめ















蔵座敷とロケセットの間の桜は、さらに桜吹雪が進んでいます。
4月6日 蔵座敷とロケセットの間














4月6日 蔵座敷とロケセットの間 部分














ロケセットの桜はまだ見頃です。明日の雨が心配ですが…
4月6日 ロケセット















ロケセットの前からも、桜越しに鳳凰三山がきれいに見えます!
4月6日 ロケセットからの鳳凰















ロケセットの前から王仁塚の桜を望んでみると、満開!
ふわっふわのピンクの風船が田んぼに浮かんでいるみたいです。
ニーラの市民バスも見えたー^^ 絶景の中を走るニーラバスですね。
4月6日 わに塚の桜遠望












 
2016/04/01(金) 09:00:00

4月1日 桜だより

今日から新年度が始まりましたね。
にらみんの桜も、新しいスタートに合わせるように見頃を迎えています。
お天気のいい日和には、ぜひお花見においでください。

王仁塚の桜も先日開花し、3分咲きほどに達する見込みとのことです。
↓王仁塚の桜の開花状況は韮崎市観光協会HPからごらんになれます。↓
http://www.nirasaki-kankou.jp/

4月1日 ロケセットと蔵座敷の間の桜2
















4月1日 ロケセットと蔵座敷の間の桜















4月1日 ロケセットの桜