韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
まるで夏のような5月最後の土曜日、平成27年度第1回ふるさと再発見ウォークが行われました。目にまぶしい青空と木々の緑!お田植えの風景もさかんに見られましたよ。
30人を超える参加者の方々にお集まり頂き、盛況なウォークとなりました。
聞けば、リピーターや地元の方々の他、韮崎に移り住んで間もない方々のご参加もあったとか。とてもうれしいことです!

ふるさと歴史再発見ウォークは韮崎中央公民館が申込み窓口となり、年に3〜4回実施しています。
韮崎市内の様々な地区を歩いて、メジャーな寺社や史跡はもちろん、地元民さえも知らない!?隠れた歴史のみどころを「再発見」しています。
いうなれば、「韮崎版ブラ○モリ」だとにらみんは思っています。

さて今回は、武田八幡宮の二の鳥居を出発点に、神山町北宮地地区、清哲町水上地区の史跡や利水関連のポイントを歩きました。さらに、水の恵みの源と涼を体感するために、堅沢川をさかのぼって「大滝」という滝を目指しました!
今回のコースのテーマは「武田発祥の地で涼みを体験」です。

まずは武田八幡宮の二の鳥居からスタート。
武田八幡宮 二の鳥居からスタート
















武田八幡宮を目指しますが…鳥居からまっすぐ続く道の両側で、ある「違い」があることにお気づきでしょうか?
参道の北側のお宅は参道に面して玄関があるのに対し、南側のお宅は参道側に玄関がありません。
南側のお宅は、鳥居より一本南の道に面して玄関があります。

不思議ですが、考えられる理由としては、現在の参道(鳥居正面の道。大門通りとも呼ばれる)はかつては神様が通る道とされ、村の人が日常に通る道ではなかったのではないか?ということです。
一本南側の道(中通りとも呼ばれるそうです)が、村の人たちが日常使う道だったということが考えられます。
そこで、今回は、鳥居より一本南の道を歩いて神社へ向かいました。
あえて中通りを歩きます
















武田八幡宮の三の鳥居(石鳥居)にたどり着くと、あれ?正面は石垣があって入れません。
武田八幡宮 石鳥居
















鳥居の左右にある石段から神社へ入るようになっています。
これも先ほどの理由と同じで、正面は神様が通る道、人間はそれをよけて左右から入るように…という思いの表れなのかもしれません。
鳥居の両脇には天をつくような杉の巨木がそびえていますが、これも一種の鳥居と解することもできます。

ちなみに、三の鳥居から振り返ると、茅ヶ岳方面が一望できます!
すがすがしい気持ちになれますので、ぜひごらんください。
石鳥居からの眺め
















三の鳥居付近では、もう一つ見逃せないものがあります。
石垣の手前右側にある「一石百観音像」。江戸時代の宝永六年(1709)年に造られた石仏です。
一つの石に、西国三十三ヵ所、坂東三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所の各観音霊場の本尊が刻まれています。だから合計百観音!
一石百観音













一石百観音を見学中















こちらにお参りすれば三つの霊場巡りのご利益が得られると言われているものですが、ズルいとか言ってはいけません。
車も電車も無く、しかも旅をするには役所の許可が要った江戸時代。しかも旅には危険も付き物ですし、旅に出るために家族の同意を得たり、お金を貯めるのも大変だったでしょう。各地の霊場を巡るという行為は、私たちが考えるよりずっと困難なものだったはずです。
そんな当時の人々の思いを感じ取ることができる石仏です。

近寄って拝見すると、ほら、一つ一つかわいいお顔。なごみます〜。
一つ一つのお顔がかわいい













この一石百観音像は、もともとこの場所にはありませんでした。
建立当時は、現在地から北へ500mほどの場所にあった「玉保寺」というお寺にありました。玉保寺が廃寺になった後、明治17年に信徒の方たちが武田八幡宮の神宮寺跡に移し、さらに現在地に移ってきたそうです。

では、次はその玉保寺があった跡地に行ってみましょう。
三の鳥居から参道を50mほど下ったところに北へ向かう細い道があります。
そこを道なりに数分あるくと、左手側の小高いところに墓地があります。これが玉保寺の跡地、最初に一石百観音像が建立された場所です。
玉石寺跡
















なお、玉保寺は廃絶しましたが、本末寺関係にあった願成寺(神山町鍋山)さんが、主を失ったお石塔を憂いて自らの寺に石塔類を移しました。現在、願成寺の山門を入って右側の石塔類を見ると、その中に玉保寺の字を見つけることができます。

さて、まだまだウォークは続きます。これから、清哲町水上方面に向かいます。
「武田家の敵」の供養塔が、なぜかこの武田家発祥の地に里にあるのです。
→②へつづく。
スポンサーサイト
 
2015/05/24(日) 14:48:36

平成27年6月の休館予定

今日のにらみんでは、雨の多い時期に向けて水路の泥上げに精を出しました。
甲州弁で言う「堰浚ぇ(せぎされぇ)」ですね。

風薫る5月も間もなくおわり…一年で最もさわやかな季節が過ぎ去ってしまいます。そう思うと残念ですね。
「梅雨はジメジメするし、夏は暑いし、いやだなぁ」とにらみんがグチをこぼしたところ、ある人が
「でも、四季があるから花が咲いたり、実がなるんだよ」と。
うーん、そのとおり。四季の恵みという言葉を改めて噛みしめました。

さて、平成27年6月の休館予定をお知らせいたします。
6月は祝日がありませんので、月曜終日と木曜午後1時まで、という基本通りの休館日になっております。

【平成27年6月の休館予定】

1日(月)
4日(木) 午後1時まで休館 
8日(月)
11日(木) 午後1時まで休館
15日(月) 
18日(木) 午後1時まで休館
22日(月) 
25日(木) 午後1時まで休館
29日(月) 
 
2015/05/24(日) 14:29:02

そろそろ桑の実が

カラッとした暑さが続くこの頃ですね。
天気予報でも「30℃」という文字を見るようになってきました。

そんな今日この頃、にらみんの近くにある桑の木には
色鮮やかに色づいた桑の実が見られるようになりました。
まだ、ほんのり赤いくらいの熟度のものが多いですが、
早い枝では濃い紫に色づいた実もあります。

5月23日撮影 早い枝には紫に熟した実が。
桑の実の様子 2015年5月23日















昨年の「夏休み自由研究プロジェクト合同プレゼンinアイメッセ山梨」では、
桑の実の煮汁を使った和紙染めの体験を行いました。

にらみん&韮崎市ふるさと偉人資料館は、今年も海の日にアイメッセにブースを出しますよ!

今年の体験メニューはまだ検討中ですが、昨年の桑の実染めが好評だったので、
またやるのも良いかな?とも考えています。
(もちろん、去年と違った体験メニューにするかもしれませんけどね)
濃い赤紫の煮汁にひたした和紙を、媒染の役目をするミョウバン水につけると、
桔梗のような美しい青紫に変化するんです!
まるで理科の実験のようで、とっても楽しかったです。

7月20日(月・海の日)のアイメッセでは、今年はどんな体験をしてもらうおうかなあ?
 
ゴールデンウィーク後は、振替休館日が多くございます。
ご不便をおかけいたしますが、休館日をご確認いただきご来館下さいますようお願いいたします。

■祝日の振替休館のため、月曜日以外の休館日が多くございます。
■5月の第2週、第3週にご来館を予定されている方は、ご注意下さいますようお願いいたします。

【平成27年5月の休館予定】

 7日(木) 祝日にともなう振替休館
 8日(金) 祝日にともなう振替休館

 11日(月) 休館
 12日(火) 祝日にともなう振替休館
 13日(水) 祝日にともなう振替休館
 14日(木) 祝日にともなう振替休館
 
 18日(月) 休館
 21日(木) 午後1時まで休館
 25日(月) 休館
 28日(木) 午後1時まで休館

 
ゴールデンウィークも今日で最終日。さみしいですね…
みなさん、ご家族やご親戚・お友達と楽しい時間を満喫されたことと思います。

わがにらみんでも、「あつまれし!花子と家と蔵座敷」に多くの方のご来場を頂きありがとうございました!

「花子とアン」生家ロケセット前では、大人の方にもお子さんにも“昔の農家の衣装体験”を楽しんで頂きました。
親子そろって衣装を着てみんなで記念撮影をなさったり、「年賀状に使います」「早速フェイスブックにアップします」とおっしゃる方もいらしたり、楽しんで下さってにらみん一同嬉しい限りでした。

お二人ともとっても素敵♪縁側での撮影は風情最高です!
農家の人になって記念撮影














自作の天秤棒のほか、背負子や大八車などの小道具も活躍。
お客様自身で自由に撮影を楽しんで下さいました。
お客様も撮影を楽しんでおられました















蔵座敷では、端午の節供飾り「おかぶと」をかたどったおもちゃ作りを実施しました。
オシャレなアンティークライトの下で工作なんて、中々ないですよ〜。
おかぶと工作の風景














紙コップにスーパーボールのおもりをつけて、トコトコ歩くおかぶとさんの完成です。
さあ、歩かせてみよう!二人で対戦させるのも面白いよ。
走れ!おかぶとさん













萌え出ずる鮮やかな新緑を背にして、ロケセットはいつも以上に風情を増して見えます。
イベントのない日でも、ぜひおいで下さい。
新緑と青空のロケセット