韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
ゴールデンウィークのイベントをおしらせいたします!
(この記事が常に先頭に表示されるように設定しています)

「あつまれし!花子の家と蔵座敷」

日時:
平成27年5月4日(月・みどりの日)

会場:
韮崎市民俗資料館 蔵座敷および「花子とアン」生家ロケセット

時間:
午前10時から午後3時ころまで。
申込み不要、時間中は随時参加できます。

入館料および参加料:
いずれも無料

イベント内容:

1、昔の農家の人の格好をしてロケセットの前で記念撮影 (※雨天中止)

お百姓さんになって記念撮影














作務衣・もんぺ・手ぬぐい・笠・背負い籠などの農具・大八車などを使用して記念撮影を楽しめます。
カメラはお客様ご自身でご持参下さい。
衣装は洋服の上から着用していただきます。
お子さん専用のサイズはございませんので、大人用を着用していただきます。


2、蔵座敷で「おかぶと」のおもちゃ工作 (※数量限定)

ジタバタ?トコトコ?おかぶと















明治~大正時代に山梨で流行した端午の節供飾り「おかぶと」をかたどった工作をします。
紙コップに輪ゴムとおもりをつけ、トコトコと歩かせる簡単なおもちゃです。
材料がなくなり次第、終了とさせていただきます。
お子さんでも大人の方でもご参加できます。

お願い:
カメラはお客様ご自身でご持参ください。
混雑の具合によっては、お待ちいただく場合もございます。
未就学のお子さんには保護者の方の付き添いをお願いいたします。
雨天の場合、農家の格好をしての記念撮影は中止とさせていただきます(ロケセットは屋外にあるため)。
「おかぶと」のおもちゃ工作は、室内で行うため雨天でもご参加できます。

お問い合わせ:
韮崎市民俗資料館 0551-22-1696 (午前9時~午後4時30分)

「あつまれし!花子の家と蔵座敷」チラシ(ブログ用)











スポンサーサイト
 
2015/04/26(日) 13:46:34

天秤棒もつくったよ!

5月4日(月・みどりの日)のイベント「昔の農家の人になって記念撮影」に向けて、衣装や道具の準備をしています。

今日は「天秤棒」を再現しましたよ!

「花子とアン」では、子供時代のはなちゃんが健気に水汲みに励む姿が印象的でした。
あんな風な天秤棒がほしいなぁと思っていたのですが、にらみんには無かったんです。

ですが、よくよく探したところ、資料館を手伝って下さっている方が天秤棒の「棒」の部分を発見してくれました!
吊るした桶が落ちないよう、釘でストッパーが付けられていたので、間違いなく天秤棒の棒だと分かります。
ストッパーが付いてます















そこで、この棒ににらみん家所蔵の穀物桶を縄で吊るして頂きました。
(米、麦、豆などを貯蔵しておいた桶です。肥桶ではないので大丈夫です)
待望の天秤棒、見事に再現できました!
天秤棒、再現しました!















これで記念撮影の道具がまた一つ増えましたよ。5月4日、お待ちしております♪

 
先ごろ無事に修復工事を終えた小野家の蔵座敷。
去年の大雪で傾いた庇や瓦を直したり、建具や雨戸の傷んだ箇所を修復・調整したり、ゆるんだ畳の隙間を埋めたり…さまざまな点を改善して、より安全に快適にご見学頂けるようになりました。

この工事をご担当いただいたのが、甲州市塩山にある「伝匠舎 (株)石川工務所」さんです。
寺社などの伝統的建造物の修復や、古民家の再生を数多く手掛けることで知られる会社です。
その石川さんのご先祖は、身延町下山で戦国時代から大工として活躍した「下山大工」。まさに「匠」の技を「伝」えていらっしゃいます。

蔵座敷の修復について、「ここ、もうちょっと動かすこと出来ませんか…?」「こうして頂けると使いやすくなるんですが…」などと、いろんな難題をお願いしてしまいました。
指定文化財という制約がある中で、さまざまな知恵と工夫を凝らして難題に応えて下さり、本当に感謝と感動でいっぱいです。

伝匠舎さんでは、『風流美(ふるび)』という冊子を発行していらっしゃいます。
(すてきなネーミングです!)
工事を担当した建造物とその工程の紹介や、職人さんの技術、建築様式・意匠の歴史的解説など、勉強になる内容が盛りだくさんです。

2015年春号(第23号)では、蔵座敷と「花子とアン」ロケセットについてご掲載いただきました。
蔵座敷のご紹介のほか、ロケセットの茅葺き屋根の制作秘話も載っています。
蔵座敷とロケセットのページを以下に転載(画像掲載)させて頂きましたので、ぜひご覧ください!

『風流美(ふるび)』 第23号 (2015年春)
「風流美」 表紙















「風流美」 1ページ















「風流美」 2ページ










 
ゴールデンウィークの5月4日(月・みどりの日)に計画しているイベントですが、「おかぶと」のおもちゃ工作の他に、「花子とアン」ロケセットの前で記念撮影を考えています。

花子の家のセットにふさわしい格好…すなわち、昔の農家の人になって記念撮影ができるようにしたいなぁと。

お客さんに服を脱いで着替えてもらうのは大変なので、服の上から着用できる物を考えています。
あとは、編み傘や手ぬぐい、鍬や背負い籠、大八車などの道具類ですね。

先日、すばらしいモデルさんがいたので、農家スタイルに変身してサンプル写真を撮らせてもらいました。
こんな感じです!
お百姓さんになって記念撮影













花子の家にぴったりではありませんか!?
 
2015/04/16(木) 19:28:10

平成27年5月の休館予定

ゴールデンウィークもだんだんと近づいてきましたね。
平成27年5月の休館予定をお知らせいたします。

5月は、祝日の振替休館のため、月曜日以外の休館日が多くございます。
5月の第2週、第3週にご来館を予定されている方は、ご注意下さいますようお願いいたします。


【ゴールデンウィーク中の休館予定】

4月29日(水・祝) 開館
   30日(木)  祝日の翌日のため休館

5月1日(金)〜 6日(水・振替休日) 休まず開館します

【平成27年5月の休館予定】

 7日(木) 祝日にともなう振替休館
 8日(金) 祝日にともなう振替休館

 11日(月) 休館
 12日(火) 祝日にともなう振替休館
 13日(水) 祝日にともなう振替休館
 14日(木) 祝日にともなう振替休館
 
 18日(月) 休館
 21日(木) 午後1時まで休館
 25日(月) 休館
 28日(木) 午後1時まで休館

 
四月も半ばを過ぎ、楽しみなゴールデンウィークが着々と近づいてきました。

にらみんでも、5月4日(月・みどりの日)にロケセットと蔵座敷でイベントを計画しています。
正式に決まり次第、詳細をお知らせいたします。
「ちいさな博物館」ですから、こじんまりしたものですけれど…

ロケセットでは、普段とは違ったスタイルで記念撮影ができるようにしたいなあと考えています。
でも、「おらぁ普段からこんな格好してるぞ!」という方も、中にはいるかもしれません(笑)
ただいま、それに必要な品々を集めている最中。

蔵座敷では、端午の節供にちなんだ工作をしたいと考えています。
明治から大正時代に山梨で流行した端午の節供飾り「おかぶと(かなかんぶつ、とも言います)」をかたどったおもちゃです。

紙コップと割り箸を使います。ただいま試作中です。
試作なので、紙がペラペラだったりメモ書きがしてあって不格好ですが(汗)
紙コップは色付きの方が良いかなぁ??
ジタバタおかぶと試作中















コップの中は、こんな風に輪ゴムと重りが仕込んであります。
コップを後ろに引いて輪ゴムに回転をかけ、手をはなすと…カタカタカタ〜っとおかぶとさんが歩くのです。中はこんな仕掛け













仕組みは単純なのですが、重りの種類によっては輪ゴムにうまく回転がかけられない!
摩擦が弱くて、輪ゴムがねじれないんです。
ビー玉、乾電池、どんぐり、油粘土、紙粘土、スーパーボール…試行錯誤しまくっています。
(おかぶとさんが動かないと、心が折れそうになります*涙)

一番適した素材を求めてにらみんの試行錯誤は続きます。
 
昨日の不安定なお天気から一転、今日はうららかな一日でした。
青空が見えるとやっぱり気持ちが明るくなりますね!

この暖かな陽気に誘われて、蔵座敷の庭の桜が満開になりました。
一本桜ですが、白壁や灯篭、瓦の色とコントラストをなして、風情がありますよ。

蔵座敷の庭の桜 全体













この桜は周りの桜より一週間ほど開花が遅いことと、
花が咲くと同時に葉っぱも芽生えるのが特徴です。
今週の土日は見頃ですよ♪


 
2015/04/10(金) 14:48:30

蔵座敷見学再開のお知らせ


蔵座敷の工事がすべて終了いたしました。
来館者の皆様には大変ご不便をおかけいたしましたが、おかげさまで無事に修復工事を終えることができました。

つきましては、予定より若干早くなりますが、3月28日(土)から蔵座敷の見学を再開いたします。

ご見学できる範囲は、これまでと同じく蔵座敷の一階部分(畳敷きの和室)です。
『花子とアン』において、主人公はなの父親が、はなを修和女学校に入れたいと牧師に相談に来るシーンや、教会に忍び込んだはなと朝市が逃げ出すシーンに使われた座敷をごらんになれます。
 
今年は桜が満開になってからお天気に恵まれた日が少なかったですね。
青空の下で桜を愛でる機会が少なくて、中々もどかしい思いでした。
その分、晴れた日に桜を楽しむことが出来た時は、ひとしおの幸せを感じることができたのですけれど…

4月9日(木)現在、ロケセットの周りの桜はほぼ散ってしまいました。
花の命は短くて…という気持ちで残念ですが、こぼれんばかりに美しく咲いてくれた桜たちに感謝の気持ちでいっぱいです。
また来年会いましょう、と声を掛けました。

4月9日(木) ロケセット付近の桜
4月9日のロケセット1













4月9日のロケセット2













散り敷いた花びらが雪のようです
散った花びらが雪のように













しかし、蔵座敷の庭の中に立っている桜(一本ですが…)は、まだこれから咲きます!
4月9日 蔵座敷の庭の桜













4月9日現在、蔵座敷の庭の桜はまだ数輪しか開花していません。
これからが楽しみです。
4月9日 蔵座敷の桜(アップ)














 
一昨日の鮮やかな青空から一転、昨日はあいにくの雨となりました。
桜が持つかどうか心配していたのですが、まだ持ちこたえています。

4月4日(土) ロケセット付近の桜
4月4日 ロケセット付近の桜












4月4日 ロケセット前の桜












近づいてみると、こんな感じ。
花が開き切っています。十分美しいですが、見頃のピークは少し過ぎたでしょうか。
桜が開ききりました












早い部分では、葉っぱの新芽が出始めています。
新芽が出始めました












そして、今日は花びらが散り始めました。
ハラハラと舞い落ちる花びらが、蔵座敷と花子の家に幻想的な雰囲気を加えています。

今日は風が無いので桜吹雪ではなく、ふんわりと粉雪のように花びらが舞い降りて来ます。
地面を見ると花びらが。
地面に桜が散っています












ロケセット付近の桜の見ごろは、やはり明日までがおすすめです。

でも、蔵座敷のすぐ脇、柵内にある桜はまだ開花していません!
(例年、周りより一週間は遅く咲くのです)
蔵座敷と桜の共演は、これから先もう一度チャンスがあります。
 
テレビや新聞の報道でご存知の方も多いと思いますが、昨日4月2日、山梨県庁の中に「山梨近代人物館」がオープンしました。

「山梨近代人物館」

山梨県甲府市丸の内1-6-1 (山梨県庁内 別館)
甲府駅南口から徒歩7分
TEL 055-231-0988
午前9時〜午後5時 第二・第四火曜日休館
ホームページ
https://www.pref.yamanashi.jp/ykj/index.html

昭和5年に完成した山梨県庁舎別館をリニューアルし、明治から昭和初期にかけて活躍した山梨県の人物を紹介する展示室を設けた施設です。
昭和初期の重厚な旧知事室や正庁(特別な行事を行う部屋)が当時の雰囲気のままに再現され、知事になった気分を誰でも味わえます。(思う存分「えっへん!」できますね)
プロジェクションマッピングを使った笹子トンネルの映像や、子供向けの親しみやすい展示コーナーもあって、工夫が凝らされています。
また一つ、甲府に見るべきスポットが増えましたね。

「山梨近代人物館」では50人の人物を取り上げていますが、わが韮崎市からは4人が選ばれています。

伊藤うた(女子教育に尽力。現在の甲斐清和高校の創始者)
小野金六(JR身延線の前身にあたる富士身延鉄道の初代社長)
栗原信近(現在の山梨中央銀行の元となった興益社・第十国立銀行を設立)
小林一三(阪急宝塚グループ創始者)

ちなみに、韮崎ではなく甲府市の出身ですが、「花子とアン」のモデルになった村岡花子さんも50人の中に選ばれています。

近代人物館の第一回展示「甲州財閥と近代日本を築いた甲州人」では、小野金六と小林一三が詳しく紹介されています。
ぜひ足をお運びいただき、韮崎出身の先人の生き方や言葉に触れて頂きたいと思います。

そして!さらにご関心を持たれましたら、ぜひ韮崎にもおいで下さい。
にらみんの蔵座敷は小野金六さんが生まれ育ったお宅にあったものです!当時の豪商の暮らしを感じられますよ。

金六さんや一三さんが育った韮崎宿を散策したり、駅前の韮崎市ふるさと偉人資料館でさらに韮崎の人々を知ることもおすすめです♪
今なら、うたさんと信近さんの故郷・穴山にある「穴山さくら公園」(穴山駅前すぐ)のお花見も良いですよ。
 
目にまぶしい青空に恵まれた本日4月2日、蔵座敷とロケセット付近の桜が満開となりました!
写真撮影にも最高です。一年に一度の見頃をお見逃しなく!
4月2日 ロケセット付近の桜












4月2日現在 蔵座敷付近の桜 満開です
青空と白壁と桜のコントラストが何とも鮮やかで目を奪われます。
4月2日 蔵座敷付近の桜













4月2日 蔵座敷周辺の桜













蔵座敷の桜も見頃















「花子とアン」生家ロケセットの西側の桜も満開になり、ロケセットに華やかな彩りが加えられました!
ロケセット西側の桜が満開です












桜の屋根のよう














先に咲きはじめた東側の桜もまだまだきれいです。
東側の桜もきれいです













ほら、花子の家がこんなに桜に囲まれています。絵本みたい〜!
アングルを工夫すれば、こぼれるような桜の花に包まれた花子の家が撮れますよ♪
花に囲まれた花子の家












色々な角度や高さから眺めて、お気に入りのアングルを見つけて下さいね。
お気に入りのアングルを探してください














こんな素敵な光景が見られるのは今だけです。
カメラを持ってぜひお越しください。