韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
富士山世界文化遺産登録、おめでとうーー!!

嬉しいく誇らしい話題に沸く山梨県ですが、にらみんの里(?)
わが韮崎市にも、富士山に関する史跡があるんですよ。
ご存知ですか?

それがコレ。

鏡石ブログ用














石でできた「輪っか」です
なんじゃこりゃ?って感じの、ナゾの石ですよね。

実はこれ、輪っかの中から富士山を眺めて拝む、という
富士山信仰にかかわる史跡なんです。
正式には「鏡石」といいます。

江戸時代(宝暦7年=1757年)に、富士山を信仰する人々の
グループ(富士講)によって造られました。
まさに、「富士山に関わる文化的遺産」です!
韮崎は、富士山の「ふもと」というには離れていますが、
富士山を敬う人々の気持ちが深く根付いていたことが感じられますね。

「鏡石」は、国道20号の船山橋北詰交差点のすぐそば、
「船山公園」という小さな公園の中にあります。(小高い岩の上です)

ちなみに,「船山」という地名は、江戸時代に富士川舟運の船着場が
あったことに由来すると言われています。
(今日、先輩にらみんがテレビに出てお話していました!)

今は国道にクルマががんがん走っている場所ですが、
むかしは船が主役の場所だったんですねー。
少し昔に思いをはせると、いつもの風景も違って見える
のではないでしょうか?

以上、先輩にらみんをテレビで見てびっくりした新米にらみんでした。
スポンサーサイト
 
2013/06/28(金) 22:04:20

チャレンジ!縄文土器づくり

にらみんで、縄文土器づくりの体験イベントを開催します。
韮崎市内から発掘された本物の土器を手に取りながら、
縄文土器づくりにチャレンジしませんか?

-----------------------------------------

開催日: 7月20日(土) 午前・午後各1回ずつ

集合時間: 午前の部は9時
        午後の部は13時

所要時間: およそ3時間を予定

場所: 韮崎市民俗資料館

定員: 各回5人

対象: 小学4年生以上

参加費: 300円(粘土代・予定)

--------------------------------------------

お申込みは、韮崎市教育委員会 教育課 生涯学習担当へお願いいたします。
電話番号は、0551-22-1111(韮崎市役所代表です。
市役所の代表番号におかけ頂き、教育課の生涯学習担当へ、とお伝え下さればつながります。

受付期間は、7月4日(木)~15日(月)まで。
先着順とさせて頂きます。
 
2013/06/14(金) 20:28:01

これが桑の実

今日、山梨では今年一番の暑さを記録したとのこと。
韮崎は30度ちょっとでしたが、甲府は34度まで上がったそうですよ。
日差しはないのですが、蒸し風呂の中にいるようですね。
そんななか新米にらみんは、7月にアイメッセ甲府で行われる
「夏休み自由研究プロジェクト・合同プレゼン」
の計画を立てています。
7月15日(海の日)、アイメッセで会いましょうね♪

さて、先日お話した「桑の実」の写真を載せまーす。
「にらみん」の前の道には、こんなに大きな桑の木があるんです。
大きすぎて、新米にらみんは桑だと気づきませんでした(汗)
にらみんの近くの桑の木











白いのや赤いのは、まだ熟してない実。熟すと濃い紫色になります。
ミニチュアのデラウェアみたい??
桑の実1
桑の実2











新米にらみんが子どもの頃には、近所に桑の畑がまだありました。
桑の実のジャムも作ったことがあります。

桑の葉は、「かいこ」という虫の大事な“ごはん”です。
かいこは、成長する途中で口から糸を吐き出しますが、
それが「絹糸」というきれいな糸のもとになりました。
(大人の方はご存知だと思いますが、お子さんはどうかなぁ?)
昔は、たくさんのおうちでかいこを飼っていました。
韮崎でもそうです。企画展で紹介している志村滝蔵さんも、
かいこを飼うのがお仕事でしたものね!

みなさんの周りに桑の木はありますか?
 
みんなが向かっていた先は、「にらみん」でした!(わーい)
にらみん外観












一生懸命、七里岩を歩いて登って来てくれました。ありがとう!
ここで“にらみんバージョン”の「坂井遺跡と志村滝蔵」展を見学です。
民俗資料館を見学












ばっちり事前学習できたところで、坂井考古館と坂井遺跡へ向かいました。
坂井遺跡へ向かいます











がんばって歩いた後は、お弁当が美味しい!
韮崎中央公園の木陰で、涼しい風に吹かれながらおにぎりパクパク…
元気をチャージして、再び七里岩を下ってニコリまで戻りました。
(帰り道では、白髯神社と雲岸寺を見学)

朝9時から午後2時すぎまで。1万5000歩以上歩きました。
参加者のみなさん、お疲れさまでした!(拍手)

次回の「ふるさと歴史再発見ウォーク」は8月上旬に開催予定です。
詳しい日時やコースが決まりましたら、お知らせしますね。
お楽しみに!

 
こんにちは。新米にらみんです。
梅雨に入ったのに、なかなか雨が降りませんね。
爽やかで過ごしやすいお天気なのは良いですが、
草木が乾いてしまって心配です。
にらみんの周りでは、いま桑の実がたくさん成っています!
久しぶりに桑の実を見て感動しました。また写真を載せますね。

さて、遅くなってしまいましたが、5月25日(土)に開催された
「ふるさと歴史再発見ウォーク」の様子をお伝えします!
まぶしい青空!鮮やかな新緑!さわやかな風!
絶好のウォーキング日和に恵まれました。
新緑と鳳凰三山















今回は「原路と佐久往還でめぐる坂井遺跡」というテーマです。
まずは韮崎ふるさと偉人資料館で「坂井遺跡と志村滝蔵」展を見学
偉人資料館を見学













つづいて、佐久往還を歩いて若宮八幡宮へ
若宮八幡を見学










韮崎駅の西側にある若宮八幡宮(夏祭りで知られていますね)、
実はむか~し、七里岩の上にあったって知ってました?
天正11年(1583)の暴風雨で社殿が崩れ落ちてしまい、
現在の場所に建て直されたそうですよ。知られざる歴史!

さらに、新緑のシャワーを浴びながら山道をのぼって
次なるポイントへ。どこへ向かっているの~?
(次回へつづく)
新緑の中を登る


















 
韮崎市民俗資料館と韮崎ふるさと偉人資料館にて共同開催中の
企画展「志村滝蔵と坂井遺跡」に関連して、講演会が行われます!。
※ 講演会場は「韮崎市民交流センター・ニコリ」(韮崎駅前)です。
民俗資料館ではありませんので、ご注意下さい。

~志村滝蔵、考古学に目覚めて100年記念講演会~
山梨の遺跡の保存と活用の原点 坂井遺跡と志村滝蔵


日時   平成25年6月23日
      午後1時30分~午後4時30分
場所   韮崎市民交流センター・ニコリ(韮崎駅前)
      3階 多目的ホール
参加料  無料
申込み  不要(定員150名・当日受付順)
駐車場  ニコリ利用者用駐車場(4時間まで無料。それを超えると有料)

講演プログラム(タイトルはいずれも仮題です)

1 「坂井遺跡と志村滝蔵」
   新津 健(韮崎市文化財審議会委員)

2 「土偶研究から見た坂井遺跡」
    小野 正文(甲州市教育委員会文化財指導監)

3 「坂井考古館~山梨県の第一号博物館~」
    末木 健(豊富郷土資料館館長)

4 「坂井遺跡に縄文人がいた頃」
    山下 孝司・閏間 俊明(韮崎市教育委員会)

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。