韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2009/06/29(月) 18:05:32

今日一日のできごと

本日は、月曜日なので「にらみん」の建物自体はお休みですが、「にらみん」はお仕事です。

さて、午後からは韮崎大村美術館さんへ、『韮崎の自然・歴史・文化~伝えるには、感じること・調べること』といった内容でボランティアさん向けにお話をさせていただきました。

あの、大村智先生もお見えになっていましたので、かなり緊張しました汗

ボランティアさんは来館者の方々に直接接する機会が多いので、韮崎の自然などのことをお話ししてほしいというご依頼でしたが・・・。

にらみん」の目で見た韮崎の魅力を写真で紹介しました。どれも、皆さんには身近すぎる風景だったようですが、「身近な風景≠どこにでもある風景」なのですよね~。そこを感じることができれば、きっと来館者の方々へ楽しくお話しができるのではないのでしょうか?

あっ、話している最中の写真撮影jumee☆camera1bを頼むのを忘れていました・・・。ということで、本日は文字だけです。

それにしても、緊張しました・・・表情13あせ

スポンサーサイト
 
2009/06/28(日) 23:20:02

アジサイの花

あじさい1あじさい2  梅雨の花の代表格のあいじさいが咲いています。

「あじさい」は漢字で書くと「紫陽花」です。が、唐(中国)の詩人がもともと別の花に対して「紫陽花」の漢字を当てていたようですが、日本に入ってきた時に間違ってつけられたようです(『Wikipedia』)。

さて、一口にあじさいとってもいろんな種類があるようです。

 
2009/06/27(土) 23:56:16

もう夏?ひまわり

こんにちは!
さて、梅雨真っ盛りといったジメジメとした天気が続いていますね~(今日は晴れましたけどね)。
ひまわりH2106-1ひまわりH2106-2  
夏の花といえば、「ひまわり」ではないでしょうか?
「にらみん」の近くではひまわりが咲き始めています!

太陽のようですよね!梅雨のジメジメがひまわりを見ていると吹き飛んでしまうように感じてしまいます!
「にらみん」の周りには季節を感じることのできる植物たちがたくさん住んでいます。

梅雨の季節も良いけれど、やっぱり入道雲にせみの声、そしてひまわりのそろう夏が待ち遠しい「にらみん」です。

 

 
2009/06/23(火) 22:04:50

ネムノキ

こんにちは!
ネムノキつぼみネムノキ開花  
にらみん」のお庭ではネムノキの花が咲き始めました。
ツボミからは想像できないような花が咲きます。
これまで花びらかと思っていたピンク色の細いものは実はおしべのようで、先端には花粉がついています。
そして、この花はとってもあま~い香りがするんですよね。

目にも鮮やかで甘い香りのするネムノキの花に会いきてみませんか?

 
2009/06/21(日) 04:44:23

特別公開!スタート!

こんにちは!「にらみん」です。

いよいよ、イギリス大英博物館イギリスへ行く仮面土偶の特別公開が昨日の土曜日から始まりました!

メイン展示は仮面土偶です!
仮面土偶特別公開ポスター2 さて、仮面土偶をはじめ、山梨県の縄文文化を世界に広めてくる県内の「土偶たちに応援メッセージを!」にっこりフラッグというコーナーがあります。

土偶たちにメッセージを書いてくれた方にはちょっとしたプレゼントプレゼントがありますよ。プレゼントには限りがありますので、なるべくお早めに!

プレゼント・・・、あまり期待しすぎないようにしてくださいね。。。。。

 
2009/06/20(土) 21:50:00

土曜日のあの番組に!

こんにちは「にらみん」です。

さて、実は土曜日20日に某テレビ局の「Tもちゃん家の◎時」に「にらみん」が発掘調査をしている隠岐殿(おきどの)遺跡が登場しました!

なお君の隠岐殿遺跡での発掘体験の他にも、縄文王国山梨の仲間たちのところでのいろいろな体験している様子が放映されました!

さらには、「にらみん」のご近所の坂井考古館のことも紹介されました!

山梨県外の方は見ることができなかったと思いますが・・・。
 
番組の様子がブログになっていますので、コチラをご覧下さい。「6月20日放送分:縄文特集」ですよ!

 
2009/06/18(木) 18:00:00

仮面土偶、特別公開!

こんにちは!

イギリス大英博物館で開催される「土偶展」に出展される後田(うしろだ)遺跡出土の仮面土偶を、旅立つ直前の期間限定で皆さんに見ていただく小さな企画展を6月20日(土)から開催します!

にらみん」に実物を是非、見に来てくださいね!そして、仮面土偶に、大英博物館でがんばって日本の縄文文化の素晴らしさを伝えることができるようにエールを送ってくださいね!
仮面土偶特別公開ポスター1仮面土偶特別公開ポスター2 
一緒に大英博物館へ行く、釈迦堂遺跡の土偶(釈迦堂遺跡博物館)・鋳物師屋遺跡の土偶・土器(南アルプス市ふるさと文化伝承館)・坂井遺跡の土偶(坂井考古館)も各館で展示公開されていますよ。
*坂井考古館は個人の方が管理されていますので、常時開館しているわけではないのでご注意下さい!


★★★★★~~~★★~~~★★★★★★★★~~~★★~~~★★★★★

展示期間:平成21年6月20日~7月20日
展示場所:韮崎市民俗資料館(にらみん)
休館日:月曜日と木曜日(午前中)
開館時間:9時~16時30分(入館は4時頃までにお願いします)

 
2009/06/17(水) 19:19:17

イチゴ?

みなさんこんにちは!

夕方近くになると空模様が怪しくなる日が続いていますね。
ヘビイチゴさて、にらみんの周りの地面を眺めると、丸くて赤いものが目立ちます。
イチゴのような・・・。
 
ヘビイチゴです!

ドクとかは無いようですが、あまり美味しいものとはいえませんけど、でもなんだか、地面に彩を添えていて見ていて楽しいものですよ!
 
2009/06/16(火) 23:23:24

発掘していると・・・

こんにちは!
雷神(らいじん)さんと風神(ふうじん)さんが午後から暴れまくっていましたね!
隠岐殿遺跡の杭列 さて、「にらみん」の仕事の一つ、発掘調査での出来事です。
隠岐殿(おきどの)遺跡での発掘調査で、戦国時代の終わり頃の杭列が発見されました。おそらく塀を建てるためのものだと思われます。こういったものはなかなか見つからないものなのですが、いろいろな好条件が重なって分かったことです!

杭列で仕切られた空間は一体どんな風に使われていたのでしょうね?この地域で戦国時代の終わりというと武田家最後の武将、武田勝頼(かつより)さんが作った新府城があります。もしかしたら、新府城と関係があるかもしれないのですね。まだまだ、発掘調査は継続中なので、また何か新しい発見があるかもしれないです!


6月14日(日)の山梨日日新聞でも取り上げられています。
コチラを参考にしてください。(しばらくするとリンクが切れるかもしれないです)

 
2009/06/12(金) 23:59:57

友人からの夕景

釈迦堂からの夕景にらみん」のお仕事にはいろいろなものがあります。
本日は山梨県立博物館で来年度の企画展の検討会がありました!

内容は・・・、しばらくお待ちくださいね!

さて、会議終了後、今度は大英博物館に仮面土偶と一緒に出かける「しゃかちゃん」こと釈迦堂遺跡博物館の土偶たちに会いに行ってきました。これからの取り組みなどについて打ち合わせをおこないました。

打ち合わせも終了して、外を眺めると、素敵な夕景でした。 
 
 
2009/06/11(木) 21:53:25

大英博物館への土偶の取材2

こんにちは!一昨日の記事の続きとなります。

大英博物館へ行く、土偶たちの取材のパート2です。
大英博物館取材1 まずは、坂井遺跡と同じ縄文時代中期の土偶たちです。
南アルプス市の鋳物師屋遺跡(いもじやいせき)から発掘されたものです。

 円錐型(えんすいがた)をした土偶です。(写真左下)
 胴の部分は空洞でもともとは中に鳴子のようなものが入っていて音がしたのかもしれないです。
 お腹にあてている腕は胎内の子どもを守るかのようですし、腰にあてている手は妊娠しているのでちょっと腰が痛いな~といったことを表現しているように見えませんか?
 今も縄文時代も、お腹に子どもを宿したお母さんの姿は変わらないのかもしれないですね。

 大きな土器も鋳物師屋遺跡からのものです。(写真中央) 土器の胴の部分に、土偶がくついっちゃった!といったところでしょうか?腕を挙げていて何かのポーズなのでしょうね!本当に表現が豊かですね!

そして、次は縄文時代後期の土偶です。 
  これは、「にらみん」のいる韮崎市の後田遺跡から発掘されたものです。(写真右下)
 すでに、3日ほど前に紹介していますね・・・。
 見れば見るほど、仮面をかぶっています。仮面をかぶって、非日常的なお祭りでもしたのでしょうか?
後田遺跡土偶
 山梨県から4遺跡で11点もの土偶たちがイギリスに招待されるなんて、すごいですよね。

 そういえば、にらみんが最近フシギに思っていることがあります。土偶といってもとても、同じ時代に作られたはずなのに、とても丁寧なつくりのものと粗雑(そざつ)なつくりのものとがあります。何か使われ方に違いがあったりするのでしょうか?

耳寄り情報
 鋳物師屋遺跡で発掘されたものは南アルプスふるさと伝承館で、13日(土)から見ることができるようです!ちょうどこの日がリニューアルオープンの日だそうです! 

にらみん」では来週の金曜日から後田遺跡の仮面土偶を緊急公開する予定です。詳しいことはもう少ししたら、お知らせしますね。

 
2009/06/10(水) 06:45:25

小粒でもピリリと辛い

にらみんは、香りのある食材が好きです。
めったに食べる機会はないですが、うなぎうなぎには山椒をたっぷりかけて楽しんだりします。

さて、その山椒の実がなっているところに出会いました190
山椒H2106_2山椒H2106_1  
小さな緑色の玉が集まっています。肌にツブツブがあって、みかんみかんのような肌をしています。
調べてみたら、山椒はなんと「ミカン科」なのだそうです。肌が似ている訳ですね!

収穫して、チリメンジャコと一緒に佃煮(つくだに)にしてみようかな~。

 
2009/06/09(火) 07:33:56

大英博物館への土偶の取材1

6月8日の月曜日に開催した、坂井考古館・釈迦堂遺跡博物館・南アルプス市・韮崎市の合同記者発表の様子の紹介第1弾です!

大英博物館取材2まずは、これまでの経過説明です。大英博物館で開催される「土偶展(仮称)」で山梨県内から4遺跡5件について大英博物館側から展示依頼が文化庁を通してあったことなどを説明しました。





そして、それぞれの土偶たちの説明に・・・。
大英博物館取材1 山梨から出かける土偶の中で一番古い、釈迦堂遺跡から発掘された土偶たちです。(写真左上のパネル)
縄文時代前期、今から約6500年前のものになります。
板状のもので、立つことはできませんが、乳房の表現はしっかりしていて、女性を表現していることが分かりますね。土偶の作られ始めた最初の頃の表現方法が分かる資料です。

山梨県第一号博物館の坂井考古館に収蔵されている坂井遺跡の土偶です。 (写真右上のパネル)
縄文時代中期、今から約4500年前のものになります。
この頃になると、自立して立つことのできる土偶になります。
乳房やお腹のふくらみがはっきりと表現されていて、子供を授かった妊婦さんを表現していることが分かると思います。
きっと縄文人にとっても、新しいいのちが誕生することに神秘性を感じでいたのではないでしょうか?丈夫な子供が生まれてくることを祈りながら土偶を作ったのかもしれないですね!

さ~、次回は南アルプス市の鋳物師屋遺跡と韮崎市の後田遺跡のものを紹介しますね。

ミニ情報
 ★釈迦堂遺跡博物館では今回大英博物館に出かける土偶以外にもたくさんの土偶たちが展示されています。ぜひ、足をお運び下さいね。ちなみに、釈迦堂遺跡博物館は甲州市と笛吹市の共立です!
 ⇒「しゃかちゃんのつれづれ日記(←文字をクリック)をご覧下さい!
 ★坂井遺跡・坂井考古館はにらみんのいる韮崎市にあります。パネルになりますが、にらみんで臨時企画展を画策しています。詳細が決まりましたら、お知らせいたしますね。

 

にらみんには、韮崎市内から発掘された大昔の道具もたくさんあります。
後田遺跡土偶
そのうちの一つ、藤井町北東小学校の近くの後田遺跡から出土した土偶(どぐう)

な・なんと! 
 
あの、イギリス・ロンドンの大英博物館で展示されることとなりました!

仮面をかぶった土偶のはじめての海外旅行ということになります!しかも、VIP待遇ですよ!
にらみんもさすがにイギリスには行ったことがないので、土偶がうらやましいです・・・。

さて、この土偶は今から3500年ほど前に作られたもので、縄文時代(じょうもんじだい)後期のものです。仮面をかぶった表現をしています。なにか、どっしりしていて、お祭りのときのポーズをとっている姿にも見えませんか?

本日は、大英博物館へ一緒にいく土偶たちのある、釈迦堂遺跡博物館・坂井考古館・南アル プス市・て韮崎市の4つが集まって、記者会見を開催しました!

記者会見の様子とかはまた今度紹介しますね!とにかく、大英博物館から「是非、展示したい!」という希望をいただいたのですから、すごいことだと思います。国際交流にも一役買っているということになりますね! 

[仮面土偶がイギリス・大英博物館へ!]の続きを読む
 
2009/06/07(日) 06:35:17

ツユクサの花

にらみんの周りには自然がいっぱいです。
雑草といえば、それまでですが、せっかく花を咲かせているので、眺めてみると、いろんなことに気が付きます。
ツユクサH2106

こちらは、ツユクサです。
大きな2つの青い花びらが特徴ですね。

でも、よ~く観察したり、調べたりすると・・・。

[ツユクサの花]の続きを読む
 
2009/06/06(土) 14:23:17

どぐだみが咲いているよ

にらみんが、外の見回りをしていたら、ドグダミに出会いました。ちょっと倉庫の陰になっているところに。表からはなかなか見つけることはできませんが。
どぐだみH2106_2どぐだみH2106_1  
白い花が咲いていると思ったら、実は白い部分は花びらではないそうです。
縦に伸びている部分に小さな小さな花というよりもおしべとめしべがぎっしりと付いているのです。

これ薬にもなるくらいの野草というよりも薬草といえるのですが、匂いがなんともいえません・・・。
中国では魚の生臭い匂いがするということで、「魚腥草(ぎょせいそう)」と呼ばれるほどです。ちなみに「腥い」は「なまぐさい」と呼びます。

ということで、にらみんは遠くから眺めて鑑賞することにしました。見ている分にはかわいらしい花ですからね。

 
今日は、韮崎東中学校で校外学習授業のお手伝いに行って来ました!

「韮崎の教育と文化を知ろう」というのがテーマということで、中学校の先生からご相談を受けましたので。。。
とはいっても、教育と文化・・・、なんだか難しいテーマということで、
東中出前宿1にらみんは、
 中学生のみんなが知っていそうで知らない身近なにらさきの自然や歴史の話しをしました。
 鳳凰三山の頂上の風景、新府城の名前の由来・・・などなど。 


 そして、新府城で採れたどんぐりの粉を使ったスイトン作りをして、地域の食材で地域らしい食べ物を作るという食文化に触れてみてもらいました。
東中出前宿2 
 大人の方に話しをする機会の多い、にらみんですので、中学生のみんなに上手く話しをするのが大変でしたが・・・。
東中出前宿3
 自分の住んでいるにらさき、身近すぎるけど素敵なところがいっぱいあることをちょっとでも感じてもらえていれば、うれしいです!
 
2009/06/04(木) 18:14:47

キクラゲ

久々に散歩をしていると、木の株になにやらちょっと白くなった茶色のものが生えていることに気が付きました。

近づいてみると・・・。

キクラゲ なんと、キクラゲです!
中華料理によく使われている、歯ごたえのよい、あの食材です!

ところで、キクラゲって、漢字で書くと・・・
木耳なんですよね。確かに、樹木に生えた耳のようにも見えますよね!

でも、食感は海にいるクラゲに似ているんですよね~、クラゲは漢字で「海月」や「水母」です。
ということは・・・
「木海月」や「木水母」でもいいのかな~。などと考えてしまいました。
漢字って面白いですよね!