韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2008/09/30(火) 17:37:21

社会科見学!

こんにちは!にらみんです。

今日は韮崎市内にある北東小学校のおともだちが社会科見学に来てくれました!

みんな昔の道具に興味を持ち、スケッチをしてそれがどんなものなのか考えたり、わからないものは質問しながら熱心に見学していってくれました!

にらみん 005

復元された昔の民家のコーナーにて。
みんなのお家とどんなところが違うかな??
スポンサーサイト
 
満月をちょっとすぎたお月様そういえば、十五夜さんでしたね!曇っていたのですっかり忘れていました。ということで、十五夜さんも満月の翌日も過ぎた、お月様と秋の七草のススキのコラボです。

十五夜さんにはお団子を飾るといった伝統があります。今は、行なわれていないようですが、ちょっと前までは、縁側に飾られたお団子を子どもたちが棒でつついて持って帰るなんていうイタズラのようなことが行なわれていたようです。でも、子供たちにとってはイタズラのようなものかもしれないですが、もともとは自分の家のお月見団子を食べるのはよくないこととされていたからなようですよ。

今回の記事は『稲の祭りと田の神さま』という酒井卯作さんの本を参考にしました。今は機械化で行なわれなくなってしまった、田んぼと人との関わりを知ることのできる本ですよ。
 
2008/09/18(木) 18:54:26

雨の日のお客さん。

こんにちは!にらみんです

今日は一日雨降りでした
これからはきっと、雨が降る度に寒さが増していくのでしょうね・・・

そんな中、資料館の屋根の下で雨宿りをしている小さなお客様を発見

にらみん

デンデンムシムシのカタツムリさんです

そういえば晴れた日に見ることがないカタツムリ。晴れの日は一体どこで何をしているのかな??
とても気になります・・・
 
2008/09/18(木) 12:50:57

秋の七草

みなさん、こんにちはすっかり秋らしいというよりも、台風が向かってきているようです。皆さんのお住まいのところは大丈夫ですか?

さて、秋らしいすっきりとした天気が早く来るのを祈って、ちょっと秋らしい歌を・・・♪
クズの花秋の野に 咲きたる花を 指折り

    かき数ふれば 七種の花

  萩の花 尾花葛花 撫子の花
  
    女郎花 また藤袴 朝貌の花


万葉集(まんようしゅう)にのっている山上憶良(やまのうえのおくら)がうたったものです。
 「秋の野原で咲いている花を指を折りながら数えてみると7種類の花があります。それは、ハギの花、すすきの花、クズの花、ナデシコの花、オミナエシの花、フジバカマの花、キキョウの花です。」といった内容の歌です。

にらみんの周りのお庭でも秋の七草のいくつかが咲いていますよ!
皆さんの身近なところでも咲いているのでは?
台風が過ぎたら、秋の七草を探しに出かけてみてはいかがですか?
 
2008/09/11(木) 12:57:36

秋の花といえば・・・

コスモスの花こんにちは、にらみんです。
すっかり秋らしい天気ですが、秋の花といえば、やっぱりコスモスではないでしょうか?
漢字で書くと「秋桜」ですからね!
そのコスモスがにらみんの駐車場の周りで咲き誇っています。

すっかり秋だな~と感じるにらみんでした。
ちなみに、明治時代になってから日本に伝わってきた植物なようですよ!

キーワード:韮崎市民俗資料館・にらみん・コスモス・秋
 
2008/09/10(水) 17:31:18

ニラの花が満開♪

こんにちは!バタバタしていて、皆さんへのお知らせが滞っています。。。

まだまだ日中は暑いですが、朝晩はすっかり秋の空気になってきましたね。
にらみんの周りでも秋の風景が多くなってきました。夏から秋へとちょうど変化するときです。
韮の花そんなにらみんのお庭ではニラの花が満開です!

料理にもよく使われる食材のニラです。ニラ玉・レバニラ・・・、あの独特の香りがなんともいえず、食欲をそそるのですよね~。でも、そのニラがどんな花を咲かせるのかは意外と知らないのでは?
実は、こんな白くてかわいらしい花を咲かせるのです。

そういえば、「韮崎」の「韮」はニラですね。地名の由来は単純ではないのですが、なんとなくニラがたくさん咲いているからかな~とか、七里岩の先端の形がニラの葉に似ているからかな~。なんていうことが思い浮かんでしまいます。
もっともっと深く考えてみれば、いろんなことが考えられるかもしれないですよ!

キーワード:韮崎市民俗資料館・にらみん・ニラ・七里岩・植物
 
こんにちは!
またまた、ニョロニョロのヘビさん模様の土器を紹介しちゃいますね。

こちらです。
トグロ模様グルグルっと、トグロをまいたヘビに見えませんか?
しかも頭が三角形のヘビ・・・、マムシに!

まるで、土器の中身を守っているかのようです。。。

縄文人は、何をおもって、この土器を作ったのでしょうね?
考えていると夜も眠れませんね?

秋の夜長に、縄文時代に思いをめぐらすのもたまにはいいかもしれないですよ!

ちなみに、この土器は現在展示中です!そして、韮崎市円野町の石之坪遺跡の発掘調査で出土した土器です。