韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2016/10/10(月) 22:47:00

美土偶グランプリ結果とお礼

 こんばんは!久しぶりに大きなにらみんです。

 美土偶グランプリでは、大変多くの方からご投票いただきありがとうございました。

 国宝や重要文化財が目白押しの中で、無冠の「ミス石之坪」は2位となりました。

 美土偶グランプリの目的が、土偶をより多くの方々に興味をもっていただくきっかけづくりであるとは分かっていてもやはり順位は気になっていました。
美土偶順位
応援をしてくださった多くの方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

さて、今回のグランプリを見てみると、「八ヶ岳を中心にした地域」はとても魅力てきなエリアだと思えていきます。
 茅野市さんの「仮面の女神」、
 富士見町さんの「始祖女神像」、
 南アルプス市さんの「子宝の女神ラヴィ」、
 茅野市さんの「縄文のビーナス」、
 わが町韮崎市の「ミス石之坪」
いずれも、だれが見ても美土偶が集中するエリアとして、国内だけでなく、世界の方々にも興味を持っていただき、実物だけでなく、美土偶の生み出した風景を見に来ていただけたら嬉しいななどと考えてしまいます。

 地元の幼稚園児たちが民俗資料館まで応援してくださったこと、韮崎市に移住されたばかりの方々がお祭りで「ミス石之坪」の仮面をつけて応援をしてくださったこと、ブログや職場の仲間たちが応援してくださったこと、身近な親族が応援してくださったこと、もっともっとたくさんの方々が様々な形で応援してくださったこと、本当にありがとうございました。

 これからも、「ミス石之坪」はもちろんのこと、様々な韮崎の魅力を仲間たちと知恵を出し合って、残し伝えていきたいと思いますので、温かくも厳しく見守っていただければと思います。

大きなにらみん

堂々2位です















お礼の看板と一緒に







スポンサーサイト
 
 【現在、上位にランクインして大健闘中です。ぜひご支援を!!】 

九月も残すところあとわずか。稲穂が頭を垂れ、すっかり実りの秋です。
「秋はやっぱり、静かな風情でいいねぇ」
…とか思った皆様。
にらみんの秋は、全然涼しくも静かでもありません。

何故かって?それは、「JOMON美土偶グランプリ」の投票中だから!!

------------------------------

JOMON美土偶グランプリ
http://jomon-bidogu.com/


投票期間 9月12日(月)~10月9日(日) ←「10・9(ドグー)」の日までです!

※一回線(1つのIPアドレス)につき一票しか投票できません。
 よーーく考えて、「これぞ美土偶!」と思う土偶にご投票くださいね。

-------------------------------

土偶を愛してやまない方々による「土偶の日運営委員会」さまが、全国から19の「美土偶」を厳選してWeb投票を企画なさいました。
数えきれない土偶の中からエントリーのご指名をいただいたのは、たった19体。

その中に、わが韮崎市の石之坪遺跡(円野町)出土の土偶「ミス石之坪」 が入っているのです!
これはもう、「エントリーしてもらえませんか?」とオファーを頂いただけでも光栄の極み。

ミス石之坪を応援してください!














だって、エントリーした19体のうち、5つは国宝の土偶なんですよ!?
茅野市の「縄文のビーナス」や「仮面の女神」、八戸市の「合掌土偶」…そんなスーパースターと並んでミス石之坪がエントリーしているってすごすぎるんですが…。

ほかにも、有名な遮光器土偶さんやハート形土偶さんも参戦!
お隣の南アルプス市からは、どぐキャラ日本一の「子宝の女神ラヴィ」さまもエントリー。

この超豪華メンバーの中で大丈夫なの?「ミス石之坪」…でも、「美しさ」では誰にも負けなーい!

磨き抜かれたツヤツヤの美肌
繊細かつ複雑なメークアップ(線の溝には縄文時代の絵の具が残ってる!)
角度によって七変化する、やさしさと厳しさを兼ね備えた表情


ミス石之坪の魅力は、スーパースター土偶たちに引けを取るものではありません。
ぜひ、ミス石之坪に熱い応援をよろしくお願いいたします!
「ミス石之坪」は、韮崎市民俗資料館にて実物を展示中です。会いに来てください。

下記の過去記事で、ミス石之坪のお顔がいろいろな角度から楽しめますよ^^
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-442.html

お澄まし?な正面顔。
石之坪土偶 正面やや上から(ブログ用)












斜め上からだと…ちょっとあどけない。
石之坪土偶 右斜め前(ブログ用)














髪形も凝ってる!
石之坪土偶 右斜め後ろから(ブログ用)














横から見ると、眠っているみたい…。すっと通った高いお鼻も美人の証。
石之坪土偶 左側面(ブログ用)
 
今日からゴールデンウィークに突入ですね。
桜と桃の花のピンクに染まった4月は美しくもあっと言う間に駆け抜け、気が付けば濃い緑が葉陰を作るようになっています。
葉のざわめく音も大きくなり、蔵座敷や花子の家の周りでは、葉の茂みが地面に落とす陰が日に日に広くなってくるのが感じられます。まさに「緑陰」です。
蔵座敷の障子には外の緑が映えて、緑に染まっています。もう「初夏」ですね。

蔵座敷の中では、愛らしくも勇壮な五月人形がみなさまのお越しを待っております。

五月人形出しました














昭和54年の武者人形です。
武具や旗、太鼓、鯉のぼり、かがり火など飾りも盛りだくさんで立派です。
立派な五月人形













私のお気に入りは、紙で出来たミニ柏餅。かわいい!
柏餅













粽(ちまき)もきれいに作られています。
ひな飾りには固い菱餅しかないので、手の込んだ粽や柏餅のミニチュアは私にはうらやましく感じられます。
粽













ちなみに、この五月人形を贈られた男の子は、のちに素晴らしいアスリートへと成長されました。
ですから、このお人形を見ると、心身ともに健やかで運動神経抜群になれる気がします。
もちろん、すべての五月人形は子どもの健やかな成長を祈って飾られるものですが、このお人形は特にご利益がありそうに思いますよ^^

「端午の節供」の「端午」とは、もともと「月の最初の午(うし)の日」という意味でした。正月を寅の月と考える旧暦では、午の月は5月に当たります。また、「午」は「五」に通じるため、5月5日は五が重なる日とされ、この日に端午の節供が行われるようになりました。
古代中国では、端午の日に薬草を摘んだり、蓬で出来た人形を飾ったり、菖蒲を門に掛けたりして邪気を払ったそうです。
日本の宮中では、奈良時代から端午の節句に薬草を丸くして飾りをつけた「薬玉(くすだま)」を贈り合う習慣がありました。
鎌倉時代の武家社会になると、菖蒲が「尚武」(武を重んじること)につながると考えられ、端午の節句は男子の成長を願う行事となりました。
そして、江戸時代には、のぼりを立てたり、厚紙で作った鎧兜や紙に描いた武者絵などを飾るようになりました。

江戸時代初期から中期の端午の節供では、玄関の周りなど道に面した場所にのぼりや兜、なぎなたなどを飾っていました。
江戸中期以降、それらがミニチュア化し、道に面した場所から縁側へ、さらには座敷へと飾る場所が変化したと考えられているそうです。「外飾り」から「内飾り」への流れがあったのですね。
江戸時代後期に成立した、室内に飾るための工芸的な鎧兜や武者人形が現在の五月人形の原型と考えられています。

民俗資料館の展示室では、山梨独特の端午の節供飾り「おかぶと」もごらんになれます。
現代では姿を消してしまった珍しい資料ですので、こちらもお見逃しなく!
当館蔵のおかぶと












穂坂小学校旧蔵おかぶと












「おかぶと」については、下記の記事をご参照ください。
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html
 
10(ド)月9(グー)日=「土偶の日」まで投票が行われた「どぐキャラ総選挙FINAL」にて、
当館のキャラクター「にらみん」が…

見事、8位にランクインいたしましたー!!

全国から34キャラクターがエントリーする中、堂々のトップ10入りです(涙)。
お時間を割いて貴重な一票を投じてくださった皆様、本当にありがとうございました。

投票結果はこちらからどうぞ!→「どぐキャラ総選挙FINAL」http://dogupota.net/dogusen2015/

韮崎市民俗資料館「にらみん」(ブログ用)












今朝の「にらみん」は嬉しさのあまり、釜無川の水で顔を洗うどころか、
“テンション上がりすぎて泳いできたよ~!”と話していました。(風邪引かないでね…)
地蔵ヶ岳のオベリスクさんのところにも、早速報告に行くそうです^^

今回の総選挙では、山梨からエントリーした3つのキャラが全てトップ10入りするという、素晴らしい結果となりました。
物事は順位が全てではないのですが、それでもやはり嬉しい限りです!

南アルプス市の「子宝の女神ラヴィ」さんは、なんと優勝!!
北杜市の「チビーナス(たち)」さんは、10位入賞です!


そう、山梨県西北部で隣り合う3つの市がランクインしたのです。
これをとってみても、八ヶ岳南麓から南アルプスの山々の麓に広がる地域に、豊かな土偶文化が広がっていたことの証ではないでしょうか。
お隣の長野県の茅野市は、国宝の土偶を二体有することで圧倒的な知名度があります。
でもね、これを機会に、山梨にも魅力ある土偶がたくさんあるということを知って頂ければ幸いです。

どうぞ、「縄文王国」たる山梨へ、土偶に会いに来て下さい!

「にらみん」のモデルになった石之坪遺跡の土偶は、現在韮崎市民俗資料館で展示中です。
にらみんのモデル(韮崎市石之坪遺跡出土) ブログ用












同じく韮崎のスター土偶「後田遺跡の仮面土偶・ウーラ」は、11月23日まで山梨県立考古博物館の特別展「縄文の美」展に出張中です。
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
ウーラ(ブログ)














南アルプス市の土偶に会いたい方は、南アルプス市ふるさと文化伝承館へ。
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/sisetsu/bunkazai-densyokan

北杜市の土偶に会いたい方は、北杜市考古資料館へ。
https://www.city.hokuto.yamanashi.jp/komoku/manabu_asobu/bunkazai_geijyutsu/1308981705-48.html

そして、笛吹市の釈迦堂遺跡博物館へもぜひ足をお運び下さい。
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~shakado/
 
新聞でも取り上げられて注目を集めている、土偶キャラの人気投票「どぐキャラ総選挙」。
当館のキャラクター「にらみん」も初エントリーしております!

山梨県からは、南アルプス市の「子宝の女神・ラヴィ」さん、北杜市の「チビーナス」さんも立候補!
「縄文王国」たる山梨の魅力を、3つのキャラみんなでPRしてがんばっております。

エントリーNo.28 韮崎市民俗資料館キャラクター「にらみん」
韮崎市民俗資料館「にらみん」(ブログ用)












9月18日現在、「にらみん」は全34キャラ中12位と健闘しています。
清き一票を投じて下さった方々、本当にありがとうございます。
ラヴィさん、チビーナスさんと力を合わせて、山梨の縄文文化のパワーを全国に発信したいです!

投票は10月9日(金)まで出来ます。
10(ド)9(グー)の日=「土偶の日」って覚えて下さいね。

投票はインターネットからのみ可能です。
パソコン・スマホ・タブレットなどで、下記の「どくキャラ総選挙FINAL」サイトへアクセスして下さい。

どくキャラ総選挙FINAL
http://dogupota.net/dogusen2015/

なお、1回線(1つのIPアドレス)につき1票しか投票できませんので、どのキャラに投票するかよ~く考えて、ご投票くださいね。
全国からツワモノが参集していますが、ぜひ山梨のキャラにお力添えを!

「にらみん」のキモチは、一人でも多くの人に「にらみん」を知ってもらえたら良いなぁ、ということです。
にらみんの真の姿(?)である石之坪遺跡の土偶の美しさを知ってもらえたら…
そして、その土偶に会いたい!韮崎へ行こう!って思ってもらえたら…
それが願いです。

実物の土偶を見て感動してもらえたら嬉しいですし、その土偶を生んだ韮崎の風土や風景を五感で感じてもらえたら、さらに嬉しいです。

モデルになった韮崎市円野町の石之坪遺跡出土の土偶さん。
2015年9月現在、民俗資料館で展示しています。
(展示替えになる場合もございますので、事前にお問い合わせ頂くと確実です)
にらみんのモデル(韮崎市石之坪遺跡出土) ブログ用












斜めから見ると髪形も凝っていてすてきですよ。
石之坪土偶 左斜め後ろ(ブログ用)














正面からだと神秘的だけど、お口をぽかんと開けた横顔は無防備でかわいいでしょう?
お昼寝してるみたい?(ブログ用)