韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
今日は節分ですね。豆まきを楽しみにしている方も多いでしょう。
韮崎では、「穴観音」の名で知られる雲岸寺で、毎年力士の方たちによる豆まきが行われていて親しまれています。

「節分」は季節の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を意味していましたが、のちに「立春の前日」だけを指して使われるようになりました。
これは、立春が年のはじめだという考えから、特に重要視されたためだと言われています。
そうすると、立春の前日は「大晦日」ということになります。このため、節分を「年取り」と言う地域もあります。
今朝、私の祖母は外を見ながら、「今日は晴れて良いお年取りじゃん。こんねん良いお年取りの日はねえよ」と言っていました。

豆まきをすることは現在でも続いていますが、50年ほど前までの山梨では、ざるやかごを使った節分独特の飾りがされていました。
高い竹ざおの先に、ざるや籠、手すくい(茹でたうどんなどをすくう道具)などの「網目のある道具」をくくりつけ、家の入り口(門口)や庭に立てるというものです。

にらみんの展示室にある「手すくい」
手掬い















網目のある道具を「鬼の目」に見立てて、「鬼の目をぶっつぶせー!」と言いながら豆を投げて厄除け・魔よけをしたそうです。何か、今より楽しそう…。
(中央市の豊富郷土資料館さんでは、この節分飾りを再現した豆まきイベントが行われ、毎年大人気です!)

わが韮崎市内で昭和40年前後に調査された民俗事例を見ると、

◎大草町上条東割 羽根地区(昭和40年調査)

・ヒイラギ、ツガ、モミの葉を燃やし、音を立てながら勝手の七種の道具でかきまわしながら豆を炒った。
・いわしの頭を串に刺し、「カラスの口焼け」「すずめの口焼け」と言いながらよく焼く。それを門に立てる。
・薪に消し炭で線を引いたものを門口に立てる。
・竹竿の先に籠などを付けたものを門口に立てる。
・これからはみな厄除けの行事である。

上条東割羽根地区の調査票に描かれていた図
添えられていた節分の図














◎清哲町折居地区(昭和39年調査)
・庭先に手すくいを棒の先につけて立てる。
・門口にはヒイラギの枝へいわしの頭を付けたものを飾った。
・子どもが鬼の面をかぶり、「青造りさゝ」(原文ママ)に五色シメをつけ、各戸をまわってお札を配る。
 村人は心づけをする(お小遣いをあげる)。
 (節分に子どもたちが鬼の面をかぶって村内を回る風習は、近辺の地区では行われていない、という脚注あり)

◎神山町武田地区(昭和40年調査)

・大正末期までは目籠などを高い竹竿の先につるして外に置いた。
・ヒイラギの小枝にいわしの頭を刺して門口にさした。
・これらの風習はいまは廃れてしまった。
・ツガやモミの葉を焚きながら豆を炒って、鬼は外を唱えながら豆をまく。

昭和54年発行の『韮崎市史』では、

・庭先に手掬い、目篭、籾篩(もみふるい)などを竿の先につけて立て、鬼の目になぞらえる。
・豆は、豆殻やごま殻、桧の葉などを燃やしながら大豆を炒る。
・いわしの頭を枝に刺して蛇・害虫・害鳥の口焼き(にらみん注:害をなす虫や鳥の名を唱え、唾を吐きかけながら焼くこと)をする。
 それにヒイラギを添えて土間口にさして、邪霊の侵入を防ぐ。
・豆まきは、一升枡に入れて神棚に供えてから、主人または長男が明きの方(にらみん注:その年の恵方の方角)から「福は内、鬼は外、鬼のまなこぶっつぶせ」と叫びながら各部屋をまく。
・夕飯は、鬼の歯に模して、少量の大麦を白米に混ぜてつくるふうもある。

と記しています。

どうでしょう?今の節分に受け継がれている点も、無くなっている点もありますよね。

スポンサーサイト
 
先日、韮崎北西小の皆さんからのお手紙の記事を載せましたが、関連して思い出したことがあります。
それは、神山小学校の校歌のことです。

大村先生が通われた神山小学校の跡地は、現在は神山公民館と「武田の里駐車場」となっています。
武田八幡宮の二の鳥居(県指定文化財)のすぐ隣にあります。武田八幡宮のご見学や神山地区の散策の際にご利用下さい。
旧神山小学校















注目して頂きたいのは、駐車場の一角に建つ「神山小学校校歌」の石碑です。
校歌石碑全体
















何が注目って、校歌の最後の部分!!
校歌石碑部分














「科学を究め 業とげて 高き文化の国樹てん」

この校歌は大村先生が卒業された二年後に作られたそうですが、先生の生き方と功績を予言しているとしか思えません。
研究者として科学を究めたことはもちろん、その科学をもって世界中の人の命を救う「業(わざ)」をとげ、美術を愛して文化を振興する…。
科学だけでなく、三拍子すべてそろって符合するところに運命!?を感じてしまいました。

大村美術館から旧神山小学校跡までは、歩いて10分もかかりません。
大村先生の通学路だった道をたどってみてください。

なお、今月は韮崎市立図書館にて、閉校になった小学校に関する図書の特設コーナーが設けられています。
神山・清哲・円野・旧甘利・大草・龍岡・藤井・中田・穴山の各小学校に関する本が集められていますので、図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
2015/01/11(日) 13:21:02

「大正月」から「小正月」へ

華やかだった松の内もあっという間に過ぎ、お正月ムードも遠ざかって来たかな…?
などとも思うのですが、実はまだまだ!お正月の行事は続いているのです!

元日から1月7日までは、みなさんご存じの「大正月」。
それが過ぎて、1月11日は鏡餅を割って食べる「鏡開き」、同じ日には田の神様に松や酒などをお供えして豊作を祈る「田植え節句」も行われます(といっても、今でも田植え節句をしているおうちは少ないと思いますが…)。

そして、1月15日は「小正月」。
(正確には14日の日没から15日の日没までをいうそうです)
各地で道祖神祭りやどんどん焼き、繭玉だんご飾りなど、様々な行事が行われます。

正月の飾りや書初めを燃やし、その火で団子を焼いて食べる「どんどん焼き」は、山梨県内の各地で広く行われています。
(韮崎市や北杜市では、県内の他市町村に比べるとどんどん焼きは盛んではないようです)
その団子を食べると、風邪をひかないとか虫歯にならないとか言われています。

また、どんどん焼きの灰を持ち帰って家の周りに撒くと火事にならないとか、蛇やムカデが入ってこないと考える地域もあるそうです。
山梨県立博物館発行『やまなしの道祖神祭り』には、14日のどんどん焼きの灰と15日朝の小豆粥の釜を洗った水を混ぜて家の周りに撒く、という中央市東花輪の事例が紹介されています。
ちなみに、南アルプス市のある家では、この風習の簡略化された形として繭玉団子の茹で汁を家の周りに撒いています。
その際「蛇もムカデもどーけどけ」という歌をうたうのですが、東花輪の事例でもやはり同じ歌を歌います。

どんどん焼きのお団子は、数日前に作って梅やヤマボウシなどの木の枝に挿して飾っておきます。
団子の形は、普通の丸いものもあれば、養蚕がうまく行くように繭の形をしたものもあり、財産を表す米俵や小判、作物がよく育つように大根やナス、かぼちゃなどの形を作ることもあります。
(現代のトマト農家さんでは、やっぱりトマトの形の団子を作るそうです)

にらみんの展示室に飾ってある繭玉団子は、シンプルに紅白の丸い形です。
繭玉だんご



















ちなみに、これは新米にらみん家の昨年の団子です。ナス形の団子があります。
どんどん焼きの団子の例















どんどん焼きは14日の夜に行われるものですが、現代では参加しやすいように14日の直前の土日に実施することもよくあります。
ですから、本日11日(日)の夜、どんどん焼きの火が多くの場所で見られるのではないでしょうか?
ご注目ください。

 
毎年10月は韮崎市にとってメモリアルな月です。
そして今年は、例年にも増して記念すべき月になります。
なぜならば…

今月10月10日、韮崎市は市制60周年を迎えます。
つまり、韮崎市は還暦を迎えるのです!

昭和29年10月10日、1町10カ村が合併して韮崎市は誕生しました。

韮崎町 穂坂村 藤井村 中田村
穴山村 円野村 清哲村 神山村
旭村 大草村 竜岡村

北巨摩郡に属するこれらの町村が一つになり、
「韮崎市」として新たなスタートを切ったのです。

その当日、韮崎中学校の校庭には人文字で
「祝ニラサキ市」のメッセージが描かれ、市の誕生が祝われたそうですよ。

市史によると、市制発足当時の人口は32,264人、戸数は6,031戸。
現在(平成26年10月1日)では、人口30,827人、世帯数12,388世帯です。

10月12日(日)開催の「武田の里にらさき・ふるさとまつり」では、
市制60周年を記念したいろいろなイベントが行われますよ♪
韮崎市のゆるキャラ「ニーラ」が市民の夢を叶えたり(!!)、
市民の笑顔3000枚の写真を使ったモザイクアートが披露されたりします。
会場は本町通りと駅前中央通りです。

60年前の昭和29年…、韮崎市はどんな風景だったのでしょう?
この機会に、思いをはせてみませんか?
 
午後6時、いよいよ点火!

午後6時に点火















火が付けられたオコヤは、みるみる巨大な火柱と化します。
竹が爆ぜる「パアン!!」という破裂音が、怖いくらいこだまします。

たちまち燃え盛る















燃え盛る炎がおさまり、人々が団子を焼きに取りかかったのは
点火から10分後のことでした。
団子を刺した木の枝や竹を差し出し、各自がここぞという焼き加減まで
焼いて行きます。

お団子を焼く















ただ、ホイルに包んであるお団子は、焼き加減が見えないのが難点…。
焦げ目が全く付いてないのも悲しいし、真っ黒焦げも嫌です。
その中間を狙って、勘で団子を引き上げます。

上手く焼けたかどうか、家に帰って開いてみると…

焼きあがったお団子















おっ、いい感じに「こんがり」と焼けました!
どんど焼きのお団子を食べると、無病息災でいられると言われています。

みなさんの地域では、どんな小正月の行事がありますか?
にらみんに来て教えて頂けるとうれしいです。