FC2ブログ

ひな人形の展示、はじまりました

企画展情報
03 /02 2018
3月といえば桃の節供。にらみんでもおひなさまの展示がはじまりました!

民俗資料館でひなまつり

日時:平成30年3月3日(土)〜4月22日(日)
会場:民俗資料館2階展示室および蔵座敷

2018 民俗資料館でひなまつり チラシ1

明治時代に建築された「蔵座敷」には、昭和40〜50年代の七段飾りのおひなさまが3組と、藤娘などの日本人形が飾ってあります。
蔵座敷のおひなさま展示2016 ブログ用

韮崎宿の豪商・小野家の25畳の広いお座敷で、ご家庭とは一味違った風情をお楽しみください。

民俗資料館の二階展示室では、明治時代の内裏雛を4組展示しています。
資料館の雛人形の展示2018

春のおさんぽがてら、ぜひお気軽にご来館ください♪

平成29年度 夏季ミニ企画展 「発掘でわかった土器づくり」 

企画展情報
07 /26 2017
韮崎市民俗資料館では、平成29年度夏季ミニ企画展として「発掘でわかった土器づくり」を開催しています。

------------------------------------------

 平成29年度 夏季ミニ企画展 「発掘でわかった土器づくり」 

  会期:平成29年7月23日(日)〜9月3日(日) 

日本列島では、1万年以上前の縄文時代から土器づくりが行われていたことがわかっています。
縄文土器のほとんどは、煮炊きに利用されています。
今でいう鍋のような役割をしていました。
土器による煮炊きが可能となったことで、食べられる食物が飛躍的に増えました。
今回の展示では、韮崎市内で発掘された資料をもとに土器(うつわ)づくりについてみていきたいと思います。

◎土器の製作工程とライフサイクル
粘土採取 → 素地土づくり(粘土と混和材を混ぜ合わせる) 
→ 成形 → 施文・調整 → 乾燥 → 焼成 → 使用 
→ 破損 → 廃棄

【展示1】 生粘土と土器づくり
展示資料:石之坪遺跡出土の生粘土および土器片、宿尻第二遺跡出土の生粘土
生粘土と土器づくり

◎生粘土(なまねんど)
石之坪遺跡(円野町)の土坑からは、縄文時代中期の生粘土が見つかりました。
土器をつくるために粘土を採取してきて、穴の中で保管していたものと考えられます。
市内の遺跡からは大量の土器が確認されていますが、生の粘土が確認されることは極めて珍しいです。
発見された当時は、白色でした。

【展示2】 時期による素地土の違い
展示資料:上手沢遺跡出土の土器片(縄文時代前期)
     下馬城遺跡出土の土器片(縄文時代中期)
時期による素地土の違い

◎素地のいろいろ
上手沢遺跡出土の縄文時代前期の土器は、粘土に植物繊維が混ぜられています。
繊維が入ることで器面がガサガサになり、断面が黒くなる特徴があります。
石之坪遺跡出土の縄文時代中期の土器は、よくみると粘土と砂などを混ぜて素地がつくられています。
文様も様々な種類があります。

【展示3】 土器を作る作業台
展示資料:女夫石遺跡・石之坪遺跡・坂井遺跡・下馬城遺跡出土の台形土器
土器を作る作業台

◎台形土器(だいがたどき)
土器製作の際の作業台として使われたことが推定されています。
とても珍しい土器ですが、韮崎市では多くの資料が確認されています。

【展示4】 文様と焼成
展示資料:石之坪遺跡・下馬城遺跡出土の土器片
石之坪遺跡出土の焼成粘土塊
文様と焼成

◎文様のいろいろ
・縄文(じょうもん)・・・植物繊維を撚ってつくった紐を土器の器面に回転して文様をつけます。
・竹管文(ちくかんもん)・・・竹や笹などを加工した工具を利用して文様をつけます。
・隆帯(りゅうたい)・・・粘土の紐を器面に貼り付けて文様をつくります。
・沈線(ちんせん)・・・棒状の工具を使って溝状に線を引き文様をつけます。

◎焼成粘土塊(しょうせいねんどかい)
粘土の焼けたかたまりです。石之坪遺跡の住居跡の中からみつかりました。

【展示5】 古墳時代の器づくり
展示資料:御座田遺跡出土資料
古墳時代の器づくり

平成28年度龍岡地区圃場整備事業にともなって御座田遺跡の調査で発見された資料です。
調査では、斜面に古墳時代後期(6世紀後半)の須恵器の窯跡が存在することが確認されました。
山梨県内の窯跡としては最古級のものと考えられています。
御座田遺跡 坏
御座田遺跡 癒着資料

◎須恵器とは・・・
古墳時代中期に朝鮮半島からロクロと窯の技術が伝わりました。
それまでの土器は屋外で焼いていたので、温度が500~900℃くらいまでしか上がらず、赤みを帯びた軟らかい土器でした。
須恵器は窯を使って焼くため、1100~1200℃という高温で焼くことができ、灰色の硬い土器を作ることが可能になりました。

おひなさまから武者人形へ

企画展情報
04 /19 2017
昨日の未明は大荒れの天気でしたが、風雨が過ぎ去った後は夏のような天気になりました。
29度…桜を見ながら夏を感じるという不思議な気分でした。

ロケセット周辺の桜は「また来年会おうね!」になってしまいましたが、蔵座敷の庭の一本桜は今が満開です!

蔵座敷の桜 4月19日
蔵座敷の桜 4月19日 2

そして、蔵座敷の中に飾っていたおひなさまたちは、五月人形へとバトンタッチいたしました。
毛氈の上に優雅なお公家の暮らしが花開いていた世界から、がらりと雰囲気が変わりました。
かがり火に照らされ、豪華な武具を携えた武者人形。
勇ましくも可愛らしい若武者ぶり。昭和53,4年頃のものです。
五月人形にバトンタッチ 1

武具や幟も立派ですが、供えられているミニミニ柏餅とちまきが可愛くて仕方ありません…。
五月人形にバトンタッチ 2

民俗資料館の二階では、こうした武者人形が流行する前の端午の節供飾り「おかぶと」をご覧になれます。
幕末から明治時代に流行し、その後姿を消した節供飾りです。
蔵座敷の五月人形との違いをごらんください。
当館蔵のおかぶと
穂坂小学校旧蔵おかぶと

「おかぶと」は張り子の面と、厚紙に鎧を模した絵を描いた「垂れ」というもの、そして兜を表した前立てがセットになったもので、縁側に立てたり、軒下に吊るしたりしていました。
当館のおかぶとは、垂れと前立てが失なわれて、張り子の面だけが残っている状態です。

おかぶとの立て方
図解・おかぶと

「おかぶと」については、下記リンクの過去の記事で紹介しています。
“「おかぶと」も登場”
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html

ひな人形の展示、はじまりました

企画展情報
03 /02 2017
3月といえば桃の節供。にらみんでもおひなさまの展示がはじまりました!

民俗資料館でひなまつり

日時:平成29年3月1日(水)〜4月16日(日)
会場:民俗資料館2階展示室および蔵座敷

2017 民俗資料館でひなまつり チラシ

明治時代の「蔵座敷」には昭和40〜50年代の七段飾りのおひなさまが3組と、藤娘などの日本人形が飾ってあります。
蔵座敷のおひなさま展示2016 ブログ用

資料館二階には、明治時代〜昭和初期の内裏雛や押絵雛、昭和20年代後半から30年代に流行した御殿飾り付雛人形を展示しています。
おひなさまとおかぶとの展示 2016

目の覚めるような華やかな冠と衣装、昭和初期の古今雛。
華麗な冠を着けた女雛
古今雛 男女

今年はお雛さまメンバーの入れ替えを行い、去年とは別の内裏雛も展示しました。
明治時代の古今雛です。
内裏雛U 全体

見て下さい、この美男美女ぶり!!
展示作業の手を止めて、思わず写真を撮ってしまいました。
今年新たに展示したこの古今雛は、男女ともに目鼻立ちがくっきりとして、華やかなお顔です。
内裏雛U 男雛
内裏雛U 女雛

同じ時代でも、目鼻立ちが小さく穏やかで、いかにも優しい雰囲気のものもあります。
たとえば、こちらのお雛さまは穏やかで優し気なお顔立ち。
展示室で見比べてみてください。
やさしい雰囲気のおひなさま
明治時代のおひなさまの顔

こちらは、昭和20年代後半から30年代に流行した御殿飾り付のお雛さま。
本来は、この「竜宮城」のような御殿の下に四段の飾りが付いていたというから豪華です。
御殿飾り付きのおひなさま

もともと、雛人形の御殿飾りは天皇の住まいである御所を模したもので、茶色の屋根に白木の柱の落ち着いた色合いのものでした。
それが時代の遷り変りによって、極彩色のきらびやかな御殿になって行きました。
戦後の復興から高度経済成長期に入り、昭和39年の東京オリンピックへ向けてさらに昇っていこうとする時代の雰囲気を感じます。

立体のおひなさまだけでなく、平らなおひなさま「押絵雛」も展示しています。
厚紙の上に綿を載せ、布でくるんで作ったもので、平たいのですが詰め物のおかげで立体感もあります。
押絵雛は、特に長野県の松本市で江戸時代から明治時代にさかんに作られていたことで有名です。
押絵雛2016

押絵雛の製作手順は、
①紙に人形全体の下絵を描く。
②全体の下絵を元にして分解図を描く(顔や胴体、袖、脚など)。これが人形の各パーツの下絵になる。
③各パーツの下絵を厚紙に貼って切り抜き、型紙を作る。
④型紙の上に綿を載せ、布で包んで立体感を出す。
⑤顔のパーツには表情を描く。
⑥出来上がった各パーツを貼り合わせる。
⑦裏に竹串を付け、和紙を貼って補強する。
⑧専用の台座や藁を束ねた台に挿して飾る。
押絵雛も展示

当館には竹串がついた状態で保存され、台座が付属しているものがあります。
立てると、このような感じです。
立てた押絵雛

押絵雛は、いわゆる「お雛様・お内裏様」だけでなく、神功皇后と武内宿禰、源義経、川中島の合戦、忠臣蔵などの歴史上の人物・出来事を表したものや、七福神などのおめでたい神様を表したものもありました。

さらに、桃の節供だけでなく、五月の端午の節供にかかわる資料も展示しています。
明治時代に流行した山梨独特の端午の節供飾り「おかぶと」です。
武将などをかたどった張り子の面に、兜の鍬形(角のような部分)やよろいを模した厚紙を付けて、縁側に立てたり吊り下げて飾られていたものです。
当館蔵のおかぶと

「おかぶと」の立て方大図解。
図解・おかぶと

↓「おかぶと」については過去に詳しく書きましたので、下記の投稿をご参照ください↓
「おかぶと」も登場(2014年3月16日)
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html

明治末期に流行のピークを迎えたあと、五月人形の流通により廃れてしまい、現代ではほとんど忘れ去られてしまいました。残っていれば大変貴重です。

ちょっと時期を先取り?ですが、貴重な資料ですのでぜひご覧ください。

ロビーでもおひなさまが皆様をお出迎えしておりますよ。
これは昭和54年のお雛さまです。
ロビーのおひなさま2016

栗原英雄さん、迫田孝也さんがご来館くださいました!

企画展情報
07 /30 2016
撮って出しの速報レポートです!

現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」にご出演中の栗原英雄さん(真田信尹役)、迫田孝也さん(矢沢頼幸役)が、本日ご来館くださいました。
叔父上さま!!三十郎さま!!

お二方は本日15時~21時に開催される北杜市の「八ヶ岳ホースショーinこぶちさわ」にゲスト出演なさいます。
その会場に向かわれる前に、信尹屋敷跡の可能性がある隠岐殿遺跡の展示を見学にお立ち寄り下さったのです。
(北杜市観光協会様のご厚意によるものです。ありがとうございました)

新府城の位置する七里岩の模型をご覧になる栗原さんと迫田さん。
(ご本人様に許可をいただいて写真を掲載しております)
叔父上と三十郎さまご来館!1

新府城の復元模型を熱心にご覧になっていました。
叔父上と三十郎さまご来館!2

そして、隠岐殿遺跡から出土した陶磁器や茶道具をごらんいただきました!
信尹様が使ったかもしれない器と、「現代の信尹様」がご対面…夢のようです。
叔父上と三十郎さまご来館!3

にらみんロビーの土偶かかしさん、本日は信尹様と三十郎様をお出迎えするスペシャルバージョンの看板なのでした!
記念撮影していただきました

お忙しいスケジュールの中おいで下さった栗原さんと迫田さん、本当にありがとうございました!
熱心にご見学くださって感無量です(涙)。
(お帰り際、ふと気が付くと迫田さんが見当たらない…と思ったら、館の裏手の水車を走って見に行って下さっていました^^)
テレビ画面から伝わる通りお二方とも格好良くて素敵なのは勿論、とっても気さくで楽しくて、ますますファンになりました。

これで韮崎市民俗資料館も真田丸の「聖地」の仲間入りでしょう!
隠岐殿遺跡と真田信尹の関連は学問的に確定できるものではありませんが、それをきちんとわきまえた上で色々な想像をすることは歴史の楽しみ、醍醐味なのではないでしょうか。
隠岐殿遺跡の展示、どうぞおいでください。