韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2015/08/02(日) 14:43:58

「花子の家」のとうもろこし

暑い!暑すぎます!
…という毎日が続いているうちに、8月に突入してしまいました。

にらみんの周りの畑では、トマトやきゅうり、ナスなどの夏野菜がたくさん採れています。
そして、忘れちゃいけない「とうもろこし」も!
茹でたり蒸かして食べれば、甘くてみずみずしくて、夏の最高のおやつですよね。

にらみんの「花子の家」の軒先にも、とうもろこしが吊るされましたよ。
何か黄色い物が














とうもろこしだ!















以前は柿や大根を干していましたが、夏になって干す野菜がなくなって寂しくなっていたんです。
待望のとうもろこしがやってきて、軒先に色彩が生まれました。

…ですが、正確にいうと、昔の風景は少し違っていました。
こんなに明るい黄色で、粒のみずみずしいとうもろこしが吊るされてはいなかったはずです。

今日吊るしたとうもろこしは、甘くて柔らかくて美味しい「スイートコーン」です。
山梨で大人気の品種、甘々娘やゴールドラッシュ、きみひめなどは、もちろんこのスイートコーンの一品種です。
30代以上の人には懐かしいであろう「ハニーバンタム」「ピーターコーン」なんかもそうですね。

「スイートコーン(甘味種と言います)」は、完熟する前の未熟な状態で収穫し、茹でたり蒸かしたりして食べる用途のとうもろこしで、日本にもたらされたのは明治時代のことだそうです。

あれ?じゃあ、江戸時代の人がとうもろこしの団子やおやきを食べてたって聞くけど、あれは何なの?…と思いますよね。

江戸時代に栽培されていたのは、「フリントコーン(硬粒種)」というものです。
フリントコーンは16世紀後期に日本にもたらされ、石臼でひいて粉にして用いることを主にしていました。メキシコのトルティーヤを思い浮かべると分かりやすいと思います。
江戸時代には米を作るのが難しい山間部で栽培されていましたが、とうもろこしが本格的に栽培されるようになったのは明治時代にアメリカから様々な品種がもたらされて以降のことです。
さらに、現代のようにポピュラーな野菜の一つとして親しまれるようになったのは、昭和35年頃からゴールデンクロスバンダムというスイートコーンの品種が普及してからのことだそうです。

↓にらみん展示室にある石臼。
展示室の石臼(ブログ用)












昭和30年代ころまで、山梨では「甲州もろこし」と呼ばれるフリントコーンが栽培されていました。
完熟させて硬くなった甲州もろこしを粉にひいて団子やおやきにしたり、お粥にしていました。今とは食感が違ったと思いますが、焼いて食べることもあったそうです。
平地が少なく水田が作りにくい山間部などでは、貴重な栄養源となっていました。

粉にするために干していたんですね。
昔のドラマや写真を見て、とうもろこしが干してあることを不思議に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか(私もそうです)。

ですから、「花子の家」の軒先に本来吊るされるべきはフリントコーンで、硬く熟して、色ももっと赤みがかっていたはずです。

だから、時代考証が甘いと言われそうですが、どうかお許しください。

スポンサーサイト
 
先ごろ無事に修復工事を終えた小野家の蔵座敷。
去年の大雪で傾いた庇や瓦を直したり、建具や雨戸の傷んだ箇所を修復・調整したり、ゆるんだ畳の隙間を埋めたり…さまざまな点を改善して、より安全に快適にご見学頂けるようになりました。

この工事をご担当いただいたのが、甲州市塩山にある「伝匠舎 (株)石川工務所」さんです。
寺社などの伝統的建造物の修復や、古民家の再生を数多く手掛けることで知られる会社です。
その石川さんのご先祖は、身延町下山で戦国時代から大工として活躍した「下山大工」。まさに「匠」の技を「伝」えていらっしゃいます。

蔵座敷の修復について、「ここ、もうちょっと動かすこと出来ませんか…?」「こうして頂けると使いやすくなるんですが…」などと、いろんな難題をお願いしてしまいました。
指定文化財という制約がある中で、さまざまな知恵と工夫を凝らして難題に応えて下さり、本当に感謝と感動でいっぱいです。

伝匠舎さんでは、『風流美(ふるび)』という冊子を発行していらっしゃいます。
(すてきなネーミングです!)
工事を担当した建造物とその工程の紹介や、職人さんの技術、建築様式・意匠の歴史的解説など、勉強になる内容が盛りだくさんです。

2015年春号(第23号)では、蔵座敷と「花子とアン」ロケセットについてご掲載いただきました。
蔵座敷のご紹介のほか、ロケセットの茅葺き屋根の制作秘話も載っています。
蔵座敷とロケセットのページを以下に転載(画像掲載)させて頂きましたので、ぜひご覧ください!

『風流美(ふるび)』 第23号 (2015年春)
「風流美」 表紙















「風流美」 1ページ















「風流美」 2ページ










 
2015/01/28(水) 17:48:38

ロケセット前の「謎の道具」

昨日の日中は暖かくて過ごしやすかったですが、夜からぐっと冷えましたね。風も強く吹きました。
そのおかげかロケセット前の地面が乾いて、ジメジメした状態やアイスバーンが解消されました。

花子の生家ロケセットの周りにはたくさんの「昔の道具」が置いてあります。
そのほとんどは、韮崎や甲府において実際の生活に使われていた物です。
背負籠、ざる、釜、味噌樽、鋤、千歯こき、唐箕…さまざまあります。
小学校の社会科見学の際には、昔のくらしを学べる恰好の教材として活躍しています!

背負籠など














丁稚車














千歯こきなど















その中で、「これは何の道具ですか?」とお客様に訊かれる率NO.1なのが、下の写真の道具です。

まぶし折り機















木の箱のような物の左右に鉄板がついています。
さらに、その鉄板にはハンドル(持ち手)がついています。
ハンドルを持ち上げると、鉄板がパタンと閉まります。
箱に蓋をするような感じに動きます。

実はこれ、「まぶし(蔟)折り機」という養蚕の道具なんです。
「まぶし」というのは、蚕に繭を作らせるために入れる器具のことで、「もず」とも呼ばれます。
蚕が成長すると、繭を張りやすいよう藁などで出来た小さな小さな「部屋」に一匹ずつ入れるのですが、その部屋が「まぶし」です。
成長したお蚕を一匹ずつアパートに入居させるようなイメージでしょうか…

まぶしは、藁をジグザグに折り曲げて作られます(折藁蔟といいます)。
まぶし折り機に上から藁を挿しこみ、左右のハンドルを交互に動かして鉄板を開閉することで、藁をジグザグに折っていくのです。
波状に折り曲げられた藁を広げると、三角形のスペースが連続して出来ており、そこが繭を張るための各自の部屋になります。
まぶし折り機は大正時代に作られ、長いところでは昭和20年代まで使われていたそうです。

まぶしについて、シルクの里である中央市・豊富郷土資料館のまゆこさんのブログで勉強させて頂きました(養蚕のことなら、やはり豊富です!)。

↓中央市・豊富郷土資料館のまゆこさんのブログ

富子さんの部屋①〜③ 養蚕器具・蔟の変遷
http://toyokyoudos.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-e084.html
http://toyokyoudos.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d2e8.html
http://toyokyoudos.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d388.html

折藁蔟をつくってみた!
http://toyokyoudos.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-1bff.html

大正時代に登場したまぶし折り機ですが、昭和時代に入るとボール紙で出来た箱状の「回転まぶし」という新しい製品が普及して行きます。
回転まぶしの特許は、山梨県竜王村(いまの甲斐市)の斎藤直恵さんが大正13〜15年の間に取得し、全国的には昭和30年代に普及するそうですが、山梨県内では昭和15年には養蚕農家の半数がすでに使っていたそうです。

回転まぶしは、ボール紙で出来ていて吸湿性があることや、大量生産が可能であること、まぶしの中を長方形に整然と区画することで繭の大きさのバラつきが抑えられる、などの利点がある画期的なものでした。
回転まぶしは、現代の養蚕でもスタンダードに使われています。すごいですね!
 
2014/12/27(土) 13:27:02

案内看板が新しくなりました

韮崎市民俗資料館への案内看板(立て看板)のデザインが変わりました!

これまでは白い立て看板でしたが
連休中の蔵座敷案内看板


















新しいものはピンクになりました♪
ロケ地案内の新しい看板















「民俗資料館 ・ 花子とアン ロケ地」

と書いてあります。
設置場所はこれまでと同じです。
県道17号線(青坂バイパス・七里岩ライン)から資料館へ曲がる十字路を起点として、そこから資料館までの間の3か所に立ててあります。

かわいいピンク色と女学生のイラストが目印です。
 
燦々と日が降り注ぐ(まるで「にじいろ」の光!)
秋晴れに恵まれた10月18日。
「花子の生家」ロケセットのオープニングセレモニーが
盛大に挙行されました。

安東はなの子供時代を演じた山田望叶さんや韮崎市長による
テープカットが行われ、ロケセットが正式にお披露目されました。

たくさんの方がおいでになりました!














式典後には、望叶さんに撮影のエピソードを伺うトークセッションも
行われ、約150人のお客様が利発で愛らしい望叶さんのお話に
目を輝かせて聞き入っていました。

「花子の生家」ロケセットは、韮崎市民俗資料館のすぐ裏手に
移設されています(高松公園の一角)。
民俗資料館から徒歩1〜2分です。
駐車場は、民俗資料館の正面玄関前のものをご利用ください。

ロケセットは外観のみの公開で、室内に入ることはできませんので、
あしからずご了解下さいますようお願いいたします。

ロケセットは、民俗資料館の休館日でも見学できます。

ただし、同じく『花子とアン』のロケに使われた蔵座敷の方は、
民俗資料館の休館日は外観のみの見学になります。
ご注意下さいますようお願いいたします。

資料館から蔵座敷・ロケセットへ通じる坂道には
「花アン」の旗がお出迎え。
アプローチには花アンの旗!














「花子とアン」ロケ地の看板も出来ました。
となりにある蔵座敷の解説もどうぞお読みくださいね。
ロケ地の看板もできました