韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2017/01/14(土) 12:05:59

現在の展示内容のごあんない

現在、韮崎市民俗資料館では以下の展示をごらんになれます。
※常に、この記事が当ブログの先頭に掲載されるようになっております。

休館日については、下記リンクから「イベント・休館予定」のカテゴリをご覧ください。
【休館予定】
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-category-16.html

【常設展】
 「武田の里の礎」(旧石器時代~江戸時代までの市内遺跡出土品の展示)
  江戸時代~昭和40年代までのくらしの道具

↓常設展でどのような資料がご覧になれるかは、下記リンクの記事でご紹介しております。↓

常設展 埋蔵文化財編
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-544.html

常設展 民俗資料(くらしの道具)編
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-545.html

※美土偶グランプリ2位の土偶「ミス石之坪」、実物を展示しております。

石之坪土偶 正面(ブログ用)












※後田遺跡の仮面土偶「ウーラ」、実物を展示しております。

ウーラ(ブログ)













スポンサーサイト
 
2017/01/14(土) 12:05:29

市役所の前の道祖神さん

今季最大の寒波がやって来ている今日、道祖神のお祭りやどんど焼きなど小正月のお祭りが行われる地区も多いことと思います。
せっかくのお祭りの日に雪や身を切るような寒さとは…いくら真冬の行事とはいえ厳しいことです。

韮崎市役所のすぐ前の水神町の道祖神さんも、紅白の幕や幟旗で小正月のおめかしをしておりました。
普段は見過ごしてしまうような小さな祠ですが、地域の方の飾りつけで華やかに彩られ、車で通る人たちにも「お!ここに神様が祀られているんだ」と発見を与えてくれます。

市役所前の道祖神














ここの道祖神さんは、祠の両側だけでなく、周辺の道路沿いにも幟が掲げられます(10本以上あるかな?)。
紅白の幟に「行路安全」や「悪疫退散」といった願いが書かれています。

悪疫退散の旗














毎年準備をされる地元の方々に頭の下がる思いです。
 
昨日の午後から本日未明にかけて降雪がありましたので、状況をお知らせします。

本日1月9日(月)朝の時点で、資料館の周辺の道路に積雪はありません。
資料館の駐車場にも雪はありませんので、通常通りご利用になれます。

資料館の前の道路の様子
資料館の前の道
















資料館駐車場の様子
駐車場の様子
















「花子とアン」ロケセットの周りには、今朝の時点で1㎝ほどの積雪がありましたが、午後になってほとんど解けました。
ただし、雪解けの水分で地面がぬかるんでいるため、ロケセット付近では履物が汚れてしまうことがあります。
また、今後気温が下がると凍結して足元が滑りやすくなることもあると思われます。
ご来館をご検討されている方はご注意ください。
なお、明日1月10日(火)・明後日11日(水)は休館日となっております。

DSC06100.jpg













DSC06101.jpg








 
新年明けましておめでとうございます。
韮崎市民俗資料館は、本日1月4日(水)より開館しております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年に続き、今年も暖かいお正月となりました。蔵座敷やロケセットの周りにも氷が張っていません。
みなさまのご来館をお待ちしております。
 
本年も韮崎市民俗資料館へのご来館ありがとうございました。
貴重なお時間を割いておいで下さいました皆様に、心より御礼申し上げます。

「ミス石之坪」が美土偶として多くの方々に親しんでいただけたこと…
隠岐殿遺跡のために遠路から真田信尹ファンの方々がおいでくださったこと…
にらみんにとって今年も有難いご縁をいただいた年となりました。

年内の開館は、今日12月28日(水)が最終となります。
年末年始は、12月29日(木)〜平成29年1月3日(火)まで休館いたします。

休館日については、民俗資料館および蔵座敷室内の見学は出来かねます。
「花子とアン」ロケセットは、休館日でもごらんになれます。
(ロケセットは元々室内に入れない構造ですので、外観のみの見学になります)


新年は、1月4日(水)から通常開館いたします。
新しい年も「にらみん」をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
今年も残すところ1か月余りとなりました。
昨日は11月にして積雪という驚きがあり、お隣の北杜市明野町では季節外れに咲いたひまわりの畑に、これまた季節外れの雪が積もるという奇跡の光景が現れて話題となりました。

産経ニュース「雪化粧のヒマワリ鮮やか 山梨・明野町」
http://www.sankei.com/photo/story/news/161124/sty1611240008-n1.html

にらみんから見える山々も紅葉に雪化粧をまとった幻想的な姿を見せています。
にらみん周辺には昨日の雪は残っていませんので、お車の来館も大丈夫です。ただ、雪はなくともこれからの時期は路面の凍結があり得ますので、朝夕は十分お気を付けください。

さて、平成28年12月および平成29年1月の休館予定をお知らせいたします。

年末年始の休館、および祝日にともなう振替休館がございます。
ご不便をおかけいたしますが、休館日をご確認いただきご来館下さいますようお願いいたします。


【平成28年12月の休館予定】
 
 1日(木) 午後1時まで休館
 5日(月) 
 8日(木) 午後1時まで休館 
 12日(月)
 15日(木) 午後1時まで休館
 19日(月)
 22日(木) 午後1時まで休館
 26日(月)
 27日(火) 祝日(天皇誕生日)の振替休館
 29日(木)〜31日(土) 年末休館
 

【平成29年1月の休館予定】

 1日(日)〜3日(火) 年始休館   
 5日(木) 午後1時まで休館 
 9日(月・祝) 祝日のため開館
 10日(火) 祝日に伴う振替休館
 11日(水) 祝日に伴う振替休館

 12日(木) 午後1時まで休館
 16日(月)
 19日(木) 午後1時まで休館 
 23日(月)
 26日(木) 午後1時まで休館
 30日(月)
 
11月21日(月)午後3時50分から、YBSテレビ「てててtv」にて新府城跡が紹介されます。

山梨放送 YBSテレビ
 
「てててtv」 “やまなし秋の歴史散歩”

11月21日(月) 午後3時50分〜4時53分


大坂冬の陣に際して真田幸村(信繁)が築いた出城=“真田丸”の原点とも言われる「丸馬出し」を探訪します。
「丸馬出し」とは、城の出入口の前に築かれた半円形の土塁のことで、その下には土塁に沿う形の空堀「三日月堀」を伴います。

ててて












丸馬出しと三日月堀は武田氏の城郭に見られる特徴的な築城法です。
兵や馬の出入りを外から見えにくくするとともに、三日月堀で正面からの敵の侵入を防ぎ、左右からやってくる敵に対して半円形の土塁から迎撃する仕組みです。

丸馬出しと三日月堀を知るうえで欠かせない場所として、「てててtv」では和泉アナウンサーが甲府市の武田神社と韮崎市の新府城跡を訪ねます。

意外と知られていないかもしれませんが、武田神社=武田信玄が住んでいたつつじが崎の館の正面入り口(大手口)は東側なのです。(今の武田神社の正面入り口は南側ですが)
そして、武田神社の東側からは三日月堀の遺構が発掘されています。館の正面入り口を守る防御施設です。
説明看板もしっかり整備されていますので、武田神社に行った際はぜひお見逃しなく(参道の途中を右に曲がると三日月堀の跡へ行けます)。

一方、新府城跡では、城の南側に位置した大手口の前に、現在でも丸馬出しと三日月堀が残っています。

藤武神社の急な石段よりも南側(石段に向かって左側の方)に、新府城の本丸跡へのぼる道があります。
入り口には車止めの鎖がしてあり、車は管理や工事用の許可車両しか通行できませんが、人が歩いて通ることは出来ます。
下のマップの赤い丸で囲ったところが車止めの位置です。
車止めの位置












車止めの脇から徒歩で入り、のぼってしばらくすると、左手に「南大手門」という看板がありますが、ここからは丸馬出しに行くことは出来ません。

「南大手門」の看板を通り過ぎ、さらにのぼっていくと、右手に「東三の丸」という看板があります。
「東三の丸」の看板を過ぎたすぐ左側のところが平らに開けており、左右に土塁があります。
この土塁が大手桝形(城の正面入り口)の土塁です。
大手桝形を通り抜けた先に丸馬出しがあるので、まずは大手桝形に向かいましょう。

東三の丸の看板を過ぎて左側











「東三の丸」の看板を過ぎたすぐ左手は、こんな風に平らに開けています。
左右に見える小高い部分が大手桝形の内側の土塁です。
土塁の切れ目から「桝形」という四角い空間に入り、そこを通り抜けると「丸馬出し」があります。
(城の中から外に出る道順をたどっていると思って下さい)
大手桝形から丸馬出しへ













大手桝形を抜けると視界が開け、足元を見ると、自分が半円形の土手の上に立っていることが分かるはずです。
これが「丸馬出し」です。
弧を描く丸馬出し












丸馬出しから下を見ると、弧を描く土塁に沿ってくぼみがあるのが分かります。
(下を見ようとして、斜面に落ちないようにくれぐれもお気を付けください!)
このくぼみが三日月堀です。
丸馬出しの下には三日月堀












丸馬出しの下には三日月堀2














丸馬出しと三日月堀の高低差は20m以上あります。
下の写真は、丸馬出しから下りて三日月堀と同じ高さに立って見たところです。
三日月堀 西側から












三日月堀 東側から
























新府城の解説パンフレット「親子で歩く新府城」は下記リンクからダウンロードできますのでご参照ください。
http://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2016021800022/