韮崎市民俗資料館ブログ〜「にらみん」のお散歩日記〜
「にらみん」は韮崎市民俗資料館のニックネームです。伝えたいな~、このまちのいろんなトコやコト♪
2017/06/24(土) 13:58:40

現在の展示内容のごあんない

現在、韮崎市民俗資料館では以下の展示をごらんになれます。
※常に、この記事が当ブログの先頭に掲載されるようになっております。

入館無料です。

休館日については、下記リンクから「イベント・休館予定」のカテゴリをご覧ください。
【休館予定】
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-category-16.html

【常設展】
 「武田の里の礎」(旧石器時代~江戸時代までの市内遺跡出土品の展示)
 江戸時代~昭和40年代までのくらしの道具


↓常設展でどのような資料がご覧になれるかは、下記リンクの記事でご紹介しております。↓

常設展 埋蔵文化財編
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-544.html

常設展 民俗資料(くらしの道具)編
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-545.html

※美土偶グランプリ2位の土偶「ミス石之坪」、実物を展示しております。

石之坪土偶 正面(ブログ用)












※後田遺跡の仮面土偶「ウーラ」、実物を展示しております。

ウーラ(ブログ)













【屋外展示】
韮崎市民俗資料館に隣接する屋外では、水車・蔵座敷・「花子とアン」ロケセットをご覧になれます。


↓屋外展示について、詳しくは下記リンクの記事でご紹介しております。↓

屋外展示のごあんない
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-565.html


・韮崎の水車(韮崎市指定文化財) 明治6年建造
 ※止まった状態で展示していますので、水車は動きません。
水車3












・韮崎宿豪商 小野家の蔵座敷(韮崎市指定文化財) 明治初期建築
桜の蔵座敷
















・NHKドラマ「花子とアン」生家ロケセット
10月秋晴れのロケセット(ブログ用)















スポンサーサイト
 
平成29年4月6日(「城の日」です!)、わが韮崎市の「新府城跡」が“続日本百名城“に選ばれました。
新聞やテレビなどでも報道されましたので、ご存知の方も多いかと思います。

続百名城認定証(ブログ用)














“続日本百名城”は、財団設立50周年を迎える公益財団法人「日本城郭協会」様の記念事業の一環として、公募・選定が行われました。
2006年に40周年記念事業として「日本百名城」を選定したことに続く事業です。
全国から推薦によって候補を集め、専門家の方々の精査によって“続百名城”が選ばれました。

「続日本百名城」一覧は下記リンクからご覧になれます。
(日本城郭協会ホームページ)
http://jokaku.jp/2017/04/06/next-top-100-castles-announced/

北は北海道から南は沖縄まで、時代も8世紀の秋田城(秋田県)から幕末の品川砲台(東京都)までバラエティに富んでいます。

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」ゆかりの徳川家康の「浜松城」(静岡県)も入りましたし、
昨年の「真田丸」のゆかりの「岩櫃城」「沼田城」「名胡桃城」(すべて群馬県)は三つそろいぶみです(すごい!)。

ここ山梨県からは、新府城(韮崎市)と要害山城(甲府市)が選ばれました。
前回の「日本百名城」では、躑躅が崎館と甲府城(ともに甲府市)が選ばれていますので、続編を合わせて山梨県からは四か所が認定されたことになります。

要害山城は、武田信玄の父・信虎が築いた山城で、平時居住する躑躅が崎館に対して、詰城(戦のときなどの最終拠点となる城)となる役割を持っていました。

そしてわが新府城は、武田信玄の四男にして後継者である勝頼が、武田家の新たな拠点とすべく1581年に築いた城です。
広大な武田家領国(北は新潟県、東は群馬県、南は静岡県の駿河湾、西は岐阜・愛知県まで及ぶ)を治めるべく、防御と交通の利便性の双方を兼ね備えた韮崎の七里岩台地上に築きました。

織田軍の侵攻を前に、勝頼自ら火をかけて落ち延びた悲劇の城というイメージですが、実際に訪れると西側の切り立った崖、北側の湿地を利用した堀、武田流築城術の象徴「丸馬出し」と「三日月堀」など、悲劇だけではない力強さも感じられるのではないかと思います。

先日、日本城郭協会さまより立派な認定証が韮崎市に届きました。
民俗資料館の新府城の模型のとなりに飾らせていただきました。

続百名城認定証コーナー(ブログ用)
















全国にあまたある城・城跡の中から新府城を選んでいただけたことは、光栄な限りです。
韮崎市の誇りがまたひとつ増えました!

※なお、「続日本百名城」のスタンプラリーはまだ始まっておりません
  記念スタンプもまだ頂いてはおりません。
  スタンプラリーが開始される時が来ましたら、また改めてお知らせいたします。


 
2017/05/24(水) 09:00:51

平成29年6月・7月の休館予定

春過ぎて夏来にけらし…という歌を思いうかべるような鮮やかな緑がにらみんの周りに広がっています。
蔵座敷の桜には葉が茂り、濃い木陰を庭に落としています。

夏の準備をしなくてはという気になりますが、今年もにらみんは「夏休み自由研究プロジェクト」に参加しますよ。
7月17日(月・海の日)に、甲府市のアイメッセ山梨でお会いしましょう!
山梨県内の博物館・美術館が大集合してブースを出展する恒例イベントです。
今年はどんなブースにしようかと計画中…決まり次第お知らせいたします。

さて、平成29年6月および7月の休館予定をお知らせいたします。

※7月は、祝日の振替休館にともない月曜日以外の休館日があります。
ご来館を予定されている方は、ご注意下さいますようお願いいたします。

【平成29年6月の休館予定】

 5日(月)  
 8日(木) 午後1時まで休館
 12日(月) 
 15日(木) 午後1時まで休館 
 19日(月) 
 22日(木) 午後1時まで休館
 26日(月) 
 29日(木) 午後1時まで休館 

【平成29年7月の休館予定】

 3日(月) 
 6日(木) 午後1時まで休館 
 10日(月) 
 13日(木) 午後1時まで休館
 17日(月・海の日) 開館
 18日(火) 祝日の振替休館 
 19日(水) 祝日の振替休館

 20日(木) 午後1時まで休館
 24日(月)
 27日(木) 午後1時まで休館
 31日(月)


 
連休中はたくさんの方々においでいただきまして、ありがとうございました。
いろいろな県の方とお話が出来て、こちらも楽しいひとときでした。

ゴールデンウィークのあとは、祝日の振替休館がございます。

平成29年(2017)年 5月8日(月)から11日(木)まで休館

ご不便をおかけいたしますが、ご来館を検討されている方は休館日をご確認くださいますようお願いいたします。
 
いよいよゴールンウィーク間近ですね。
もう明日から連休!という方もいらっしゃるかもしれませんね。
民俗資料館は、5月1日(月)、2日(火)は休館日です。
5月3日(水)〜7日(日)は開館いたしますので、お待ちしております。

ゴールデンウィークににらみんに来ていただくと、普段より「ちょっとイイコト」がございます。

イイコト① “陣羽織”を着て「お館さま」になれる!

日時: 4月30日(日)
     5月3日(水)、4日(木)、5日(金)

時間: 10時〜15時のあいだ随時
参加費:無料

明治時代の蔵座敷で撮影すれば雰囲気も重厚です。
陣羽織を着てみよう1












陣羽織を着てみよう2
















きらびやかな陣羽織を着て記念撮影が出来ます(カメラ、スマホはご持参ください)。
洋服の上から簡単に着ることができます。
武田勝頼公の気分をお楽しみください。蔵座敷の中で撮影すれば雰囲気も出ますよ。

陣羽織は大人サイズです。大きいですが、お子さんが着るのもOKです。
小道具として、軍配、短刀もあります。
…家来が欲しい方は、「足軽」の笠もあります。

イイコト② 端午の節句にちなんだ折り紙を折ろう

日時: 4月30日(日)
     5月3日(水)〜7日(日)

時間: 10時〜15時のあいだ随時
     (学芸員がお客様へ展示解説をしていることもあります。そのときは折り紙を教えることができません…ごめんなさい。)
参加費: 無料

よくある兜ととはちょっと違ったカッコいい兜の折り方を教えます。
鯉のぼりの箸ふくろは簡単に出来てかわいいですよ。

かぶとの折り紙と鯉のぼり箸置き














イイコト③ 新府城で「お館さま」に会えるかも…?

日時: 5月6日(土)、7日(日) ※7日は午前のみ

時間: 運が良ければ、新府城跡のどこかで会えるかも

新府城跡に、陣羽織を着た「お館さま」が出没します。
怪しい…と思われるでしょうが、文化財担当職員なのでぜひ近寄ってあげて下さい。

運よくお館さまに出会えると、城内を詳しく案内してもらえます!
お館さまのガイドに参加した方は、「御朱印風 登城記念カード」ももらえますよ。
カードは数量限定なので、無くなったらごめんなさい。

↓この陣羽織を来たお館さまが、駐車場でプラカードを持っていたり、城内でお客様をご案内しています。↓
6日、7日(午前)限定です。
陣羽織を着てみよう2















お館さまに案内してもらうと、新府城登城記念カードを差し上げます。
日時&数量限定です。
登城記念カード













民俗資料館には新府城の復元模型があるので、新府城跡に行く前、あるいは行った後にぜひお立ち寄りください。
現地の様子がより分かりやすくなります。
新府城の推定復元模型













5月3日~7日に民俗資料館にご来館された方で、「いま新府城にのぼってきたよ」「これから新府城に行くよ」という方にも、登城記念カードを差し上げます(数量限定)。
ご希望の方はお申し出ください。

新府城の案内パンフレット「親子で歩く新府城」が下記リンクからダウンロードできますのでご利用ください。↓

韮崎市役所 新府城案内パンフレット「親子で歩く新府城」(PDF 5.19MB)
https://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2016021800022/

↓一枚のマップをご希望の方は、下記リンクからどうぞ。↓

韮崎市民俗資料館 新府城お散歩マップ(PDF 417KB)
http://niramin01.web.fc2.com/shinpu/shinpujou_osanpomap.pdf

なお、ゴールデンウィークのあと、民俗資料館は振替休館日がございますのでご注意ください。
平成29年(2017) 5月8日(月)〜11日(木)は終日休館になります
 
2017/04/19(水) 14:39:04

おひなさまから武者人形へ

昨日の未明は大荒れの天気でしたが、風雨が過ぎ去った後は夏のような天気になりました。
29度…桜を見ながら夏を感じるという不思議な気分でした。

ロケセット周辺の桜は「また来年会おうね!」になってしまいましたが、蔵座敷の庭の一本桜は今が満開です!

蔵座敷の桜 4月19日
















蔵座敷の桜 4月19日 2














そして、蔵座敷の中に飾っていたおひなさまたちは、五月人形へとバトンタッチいたしました。
毛氈の上に優雅なお公家の暮らしが花開いていた世界から、がらりと雰囲気が変わりました。
かがり火に照らされ、豪華な武具を携えた武者人形。
勇ましくも可愛らしい若武者ぶり。昭和53,4年頃のものです。
五月人形にバトンタッチ 1













武具や幟も立派ですが、供えられているミニミニ柏餅とちまきが可愛くて仕方ありません…。
五月人形にバトンタッチ 2













民俗資料館の二階では、こうした武者人形が流行する前の端午の節供飾り「おかぶと」をご覧になれます。
幕末から明治時代に流行し、その後姿を消した節供飾りです。
蔵座敷の五月人形との違いをごらんください。
当館蔵のおかぶと













穂坂小学校旧蔵おかぶと














「おかぶと」は張り子の面と、厚紙に鎧を模した絵を描いた「垂れ」というもの、そして兜を表した前立てがセットになったもので、縁側に立てたり、軒下に吊るしたりしていました。
当館のおかぶとは、垂れと前立てが失なわれて、張り子の面だけが残っている状態です。

おかぶとの立て方
図解・おかぶと















「おかぶと」については、下記リンクの過去の記事で紹介しています。
“「おかぶと」も登場”
http://niramin01.blog43.fc2.com/blog-entry-330.html


 
火曜日は冷たい雨がザアザアと本降りで心配したのですが、にらみんの桜は満開を迎えています。
少しずつはらはらと花びらが風に舞っていますが、今週末までは持ってくれそうです。

王仁塚の桜も今が満開です!!
にらみんから王仁塚の桜までは、車で10分ほどです。花子とアンロケセット前からも、肉眼で見えますよ〜。
王仁塚の開花状況は、下記の韮崎市観光協会HPから確認できます↓
韮崎市観光協会
http://www.nirasaki-kankou.jp/


4月13日
4月13日 1













4月13日 2













4月13日 3













4月13日 4













4月13日 5